新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アタッシェケースに収まるオープンソース3Dプリンタ「TeeBot」

折りたたんでアタッシェケースの中にコンパクトに収納できるFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンタ「TeeBot」のプロジェクトがKickstarterで始まった。開発したのはオランダのアイントホーフェンに拠点を持つ3DSTUFFSNL。重さは7.5kgと持ち運びも容易だ。

カメラなどの運搬に使われるような、アルミ製のアタッシェアタッシュケースのサイズは340×460×150mm 。3Dプリンタとして使用する際のサイズは550×400×500mmになる。使用できるフィラメントは1.75mmのPLA/ABSだけでなく、フレキシブル素材など260度未満でプリント可能なものであれば対応するという。最大造形サイズは200×160×200mm、最小積層ピッチは100μmm、最高プリント速度は毎秒140mm。オートレベリング機能を備え、わずらわしい水平合わせを自動化している。オープンソースであり、ディスプレイやSDカードスロットも備え、将来の拡張性に考慮した設計となっている。

TeeBotは6月12日までKickstarterでクラウドファンディング中。目標額の5000ユーロ(約68万円)は早々に達成し、記事執筆時点では、8000ユーロ(約110万円)に達している。記事執筆時点では400ユーロ(約5万4000円)でTeeBotの組み立てキットを1セット入手できる。日本への発送も可能だが、送料が別途必要。発送予定は2015年の8月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. シンプルながら多機能——インクスクリーン採用のスマートウォッチ「GLIGO」
  2. オーム社、機械学習の基礎知識から深層学習までを学ぶ「マンガでわかる機械学習」発刊
  3. 指にはめてどこでもタイピング——ウェアラブルキーボード「Tap」
  4. 使いやすさを追求した光造形3Dプリンター「Lotus EZ」
  5. Arduino互換の高性能ステッピングモータードライバー「uStepper S」
  6. デスクトップにおける小型メタルボディ——FFF方式小型3Dプリンター「rs-Mini」
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. カットシステム、OpenCVによる画像、動画処理の解説書「Pythonで始めるOpenCV3プログラミング」発刊
  9. 教室でもサークルでもない、学生が何かを成し遂げるため大学内ファブラボ
  10. レトロモダンなタイプライター風デザインのBluetoothキーボード「Rymek」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る