新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アタッシェケースに収まるオープンソース3Dプリンタ「TeeBot」

折りたたんでアタッシェケースの中にコンパクトに収納できるFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンタ「TeeBot」のプロジェクトがKickstarterで始まった。開発したのはオランダのアイントホーフェンに拠点を持つ3DSTUFFSNL。重さは7.5kgと持ち運びも容易だ。

カメラなどの運搬に使われるような、アルミ製のアタッシェアタッシュケースのサイズは340×460×150mm 。3Dプリンタとして使用する際のサイズは550×400×500mmになる。使用できるフィラメントは1.75mmのPLA/ABSだけでなく、フレキシブル素材など260度未満でプリント可能なものであれば対応するという。最大造形サイズは200×160×200mm、最小積層ピッチは100μmm、最高プリント速度は毎秒140mm。オートレベリング機能を備え、わずらわしい水平合わせを自動化している。オープンソースであり、ディスプレイやSDカードスロットも備え、将来の拡張性に考慮した設計となっている。

TeeBotは6月12日までKickstarterでクラウドファンディング中。目標額の5000ユーロ(約68万円)は早々に達成し、記事執筆時点では、8000ユーロ(約110万円)に達している。記事執筆時点では400ユーロ(約5万4000円)でTeeBotの組み立てキットを1セット入手できる。日本への発送も可能だが、送料が別途必要。発送予定は2015年の8月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  7. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  8. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  9. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る