新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piと同価格/同サイズでパワフルな「Lemon Pi」

中国の深センに拠点を持つEMBEDSTUDIOは、ボードコンピュータ「Lemon Pi」のプロジェクトをIndiegogoで開始した。「Raspberry Pi 2」 と同サイズの基板に、クアッドコアのCortex-A9プロセッサとPowerVR 544 GPU、1GB(最大2GB)のDDR3 RAMを搭載。35ドル(約4300円)とRaspberry Pi 2と同価格ながら、Android 5.0も動作するパワフルな製品に仕上がっている。

Lemon PiはRaspberry PiとI/Oピンの数と配置も同じなので、Raspberry Pi用の拡張ボードはそのまま使用できる。Raspberry PiのようにフルのLinuxが動作するが、Android 5.0(Lollipop)を走らせることもできる(Ubuntuにも対応)。HDMI/USB(3.0および2.0)/MIPI(DSIおよびCSI)インタフェースとmicro SDカードスロット、イーサネット機能を搭載。オープンソースなので、自由にカスタマイズして好みの基板にすることもできる。

Lemon PiはIndiegogoでクラウドファンディング中。目標額の1万ドル(約120万円)に対して、1000ドル(12万1000円)弱を集めている。記事執筆時点では、早期割引分としてLemon Piを30ドル(約3600円)で入手できる。日本への発送も可能(送料が別途必要)で、納期は2015年の7月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る