新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry PiをPoE対応にするシールド「RasPoE」

Raspberry Piにイーサネットケーブル経由で電源を供給できるようになる拡張ボード(シールド)「RasPoE」がIndiegogoに登場した。RasPoEを開発しているのはフィンランドのエスポー在住のMarkus Levlin氏が率いる5人のチーム。Raspberry Pi Model B+やRaspberry Pi 2 Model Bに装着すればイーサネットケーブルで電源(5V)を供給でき、別途電源を用意しなくてすむ。IoT用途には便利だ。

RasPoEはその名の通り、PoE(Power over Ethernet)規格に基づく電源供給が可能なシールドだ。RasPoEの部品リストとKiCADによるデザインファイルはGitHubで公開されている。これらをもとに自分の手でRasPoEを作ることもできる。ただし現時点で公開されているデータは暫定的なもので、数週間でバージョンアップを行うとしている。

RasPoEはIndiegogoでクラウドファンディング中。記事執筆時点で、目標額の1万2500ユーロ(約175万円)に対して、3000ユーロ(42万円)ほどを集めている。記事執筆時点では、50ユーロ(約7000円)でRasPoE 1個を入手できる。2015年の9月に発送予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  9. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る