新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry PiをPoE対応にするシールド「RasPoE」

Raspberry Piにイーサネットケーブル経由で電源を供給できるようになる拡張ボード(シールド)「RasPoE」がIndiegogoに登場した。RasPoEを開発しているのはフィンランドのエスポー在住のMarkus Levlin氏が率いる5人のチーム。Raspberry Pi Model B+やRaspberry Pi 2 Model Bに装着すればイーサネットケーブルで電源(5V)を供給でき、別途電源を用意しなくてすむ。IoT用途には便利だ。

RasPoEはその名の通り、PoE(Power over Ethernet)規格に基づく電源供給が可能なシールドだ。RasPoEの部品リストとKiCADによるデザインファイルはGitHubで公開されている。これらをもとに自分の手でRasPoEを作ることもできる。ただし現時点で公開されているデータは暫定的なもので、数週間でバージョンアップを行うとしている。

RasPoEはIndiegogoでクラウドファンディング中。記事執筆時点で、目標額の1万2500ユーロ(約175万円)に対して、3000ユーロ(42万円)ほどを集めている。記事執筆時点では、50ユーロ(約7000円)でRasPoE 1個を入手できる。2015年の9月に発送予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 星や銀河を全自動で観測/撮影できるスマート天体望遠鏡カメラ「Vespera」 #CES2021
  2. 壁の中をスキャンしてくぎなどの位置を検出できるDIYツール「Walabot DIY 2」 #CES2021
  3. Apple Watchをヘッドマウント——スカウター型スマートグラス「ホロスター」
  4. レトロゲームが遊べる、作曲ができる——ゲームボーイ互換のポータブルゲーム機「Analogue Pocket」 #CES2021
  5. Raspberry Pi Zero用カメラポート付きUSBハブモジュール「Moon Pi Hub Cam」
  6. DMM.make、「PostPro 3D」を使った3Dプリント品の特殊表面処理サービスを開始
  7. それ、M5でつくれるよ ——猫をつくれるよ
  8. ワイヤレスイヤホンと一体化したフェイスマスク「MaskFone」#CES2021
  9. カメラなしでスマートホーム化、5種類のセンサーを備えたスマートセンサー「OVAL」 #CES2021
  10. アフレル、AIロボティクス教材「ロボットではじめる深層学習TensorFlow × 画像認識 × EV3」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る