新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アフレル、大学とコラボした小中学生向けプログラミング教材第2弾

アフレルは、九州大学生の古澤美典さんと開発した、レゴ マインドストームEV3を使った小中学生向けプログラミング教材「ロボライターワークブック」を6月15日に発売する。同社が全国の大学と共同で家庭学習教材を開発する「デスクロボ×大学コラボ企画」の第2弾。

ロボライターワークブックには、レゴ マインドストームEV3を使って組み立てる文字や絵を描くことができるロボット「書く♪描く♪たのしい!ロボライター」(以下、ロボライター)の作り方と、ロボライターにアルファベットを書かせるプログラム、ロケットを描かせるサンプルプログラムが紹されている。推奨年齢は小学4年生~中学生以上。価格は1000円(税別)。

古澤美典さんは、現在九州大学21世紀プログラム課程の3年生で、中高生向けにレゴ マインドストームを使った教育研究プロジェクトの代表を務めているほか、大学のロボコンチームにも所属する。ロボライターワークブックでは、ロボライターの設計と基本的なプログラム作成を担当した。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. アクアリウムの管理を自動化しよう——水質自動管理システム「Leviathan」
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  4. ラヤマパック、手動真空成形機「V.former Lab」の販売を開始
  5. スタートアップは日本で量産できない——深センのジェネシスがスタートアップの駆け込み寺EMSになった理由
  6. コンパクトながら30Wのレーザーを搭載——レーザー加工機「beamo」がKibidangoに登場
  7. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  8. 考えるだけで自在にコントロールできるAI搭載義手、2020年中に販売開始を予定
  9. マクニカ、「SENSPIDER」用の開発キット「SENSPIDER Developers Package」をリリース
  10. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る