新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アフレル、大学と共同でレゴ マインドストームを使った子ども向けプログラミング企画スタート

アフレルは、子どもがレゴ マインドストームEV3を使ってプログラミングを分かりやすく楽しく学べるよう、全国の大学の学生や先生と共同で、“新しく面白い組み立てモデル”を作る企画「デスクロボ×大学コラボ企画」を始めた。

この企画で使う教材は、レゴ マインドストームEV3基本セットに、初めての人でも分かりやすいよう基本的なロボットの組み立て方やプログラムの基礎などをワンステップずつ解説する「EVデスクロボワークブック」をセットにした「EV3デスクロボ」シリーズ。アフレルではデスクロボ×大学コラボ企画を通じて、子ども達の、技術や大学への興味と関心を高めたいとしている。

企画第1弾は大阪大学大学院のなかやまかんなさんが監修する「ひみつがいっぱい! ロボハウスセット」だ。生活のいろいろなところに使われているロボットの技術や、ロボットを作るのは意外に簡単だということに気づいてほしいという考えで提案したもの。超音波センサに反応して自動的に開くガレージや、インターホンを押すと自動で開くドア、時計の時間によって照明の色や液晶画面に表示されるメッセージが変わるといった、未来の家をイメージしたものになっている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る