新しいものづくりがわかるメディア

RSS


早稲田大演劇博物館が3Dデータの公開開始、将来は3Dプリント用データも

世界中の演劇用面のデジタルデータを公開している早稲田大学演劇博物館デジタル・アーカイブ・コレクションは、従来の2D画像データに加えてカラーテクスチャー付き3Dデータを作成し、公開を開始した。

3Dデータベースには、写真測量方式による3D化技術を使ったデータ109点が収められている。3Dデータはもちろん、色も高い精度で再現できるとしている。現在、Webブラウザを使ったWebGLによる表示と、PDFによる3D表示に対応している。Webブラウザによる表示では、3Dデータの上下左右を自由に見ることができ、光源の位置や色(自然光、たいまつなど)、背景も変えることができる。

今後はスマートフォンやタブレットでの表示に合わせたバージョンの公開や、3Dプリンタで出力できるデータの提供を計画している(提供時期は未定)。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  8. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  9. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る