新しいものづくりがわかるメディア

RSS


早稲田大演劇博物館が3Dデータの公開開始、将来は3Dプリント用データも

世界中の演劇用面のデジタルデータを公開している早稲田大学演劇博物館デジタル・アーカイブ・コレクションは、従来の2D画像データに加えてカラーテクスチャー付き3Dデータを作成し、公開を開始した。

3Dデータベースには、写真測量方式による3D化技術を使ったデータ109点が収められている。3Dデータはもちろん、色も高い精度で再現できるとしている。現在、Webブラウザを使ったWebGLによる表示と、PDFによる3D表示に対応している。Webブラウザによる表示では、3Dデータの上下左右を自由に見ることができ、光源の位置や色(自然光、たいまつなど)、背景も変えることができる。

今後はスマートフォンやタブレットでの表示に合わせたバージョンの公開や、3Dプリンタで出力できるデータの提供を計画している(提供時期は未定)。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スキャン精度0.1mm、フレームレート10fpsに向上——ハンディー3Dスキャナー「Revopoint POP 2」
  2. テレワーク過労、集中力低下を防止! パフォーマンス最適化グッズを作ろう
  3. WaveshareがRaspberry Pi用製品9種類を一挙発売
  4. 最大7色のカラー3Dプリンターに変身——マルチフィラメントモジュール「Co Print」
  5. 最先端のエアレスタイヤを自作する
  6. M5Stackが「ATOM PWMキット」「M5Stack PoEカメラ」を発売
  7. AIマシンビジョンにも3Dプリントにも使えるデスクトップ4軸ロボットアーム「HUENIT」
  8. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  9. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  10. 手のひらサイズの小さなレーザー彫刻機「LASERCUBE 100」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る