新しいものづくりがわかるメディア

RSS


20万円を切る安価な日本製デスクトップCNCフライス「KitMill Qt100組み立てキット」

オリジナルマインドは、20万円を切る日本製デスクトップ型CNCフライス「KitMill Qt100組み立てキット」を、Makuakeにおいて先行販売を開始した。8月に19万8000円(税込)で一般販売するのに先駆け、Makuakeでは18万8000円(税込)で、オプションのアルミハンドル(5680円)も付けて販売している。

オリジナルマインドは2003年からCNCの開発に取り組んできたメカトロニクスメーカー。Qt100は特に静音性と可搬性を重視して開発した製品で、クリエイターのデスクトップになじむよう、スカイブルー、ピンク、イエロー、グリーン、ホワイトの5色のカラーバリエーションをそろえた。

Qt100の仕様は、外形サイズ356.3×383.2×348.6mm、テーブルサイズが150×100mm、取り付け可能な材料高さ42mm。スピンドルのツールチャックはセットスクリュー式、対応シャンク径は3/3.175/4/6mmから購入時に選択できる。回転数は毎分4800回転(オプションで4800/7000回転の切り替え可能)。ストロークはX軸156.4、Y軸106.6mm、Z軸58.4mm。最大送り速度は毎秒15mmで、分解能は0.78μm。重さは14.9kg。加工可能な材料は、樹脂、FRP、木材、アルミ合金、真ちゅう。

このほか、コントローラー「TRA100」、制御用ソフトウェア、配線用ケーブルが付属する。キットには切削工具(エンドミル)は含まれない。CAD/CAMソフトウェアは別途用意する必要がある。

Makuakeでは目標100万円に対し、記事執筆時点で95万1000円が集まっている。8月1日、2日に東京ビッグサイトで開催されるMaker Faire Tokyo 2015で、KitMillシリーズを展示する予定。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る