新しいものづくりがわかるメディア

RSS


20万円を切る安価な日本製デスクトップCNCフライス「KitMill Qt100組み立てキット」

オリジナルマインドは、20万円を切る日本製デスクトップ型CNCフライス「KitMill Qt100組み立てキット」を、Makuakeにおいて先行販売を開始した。8月に19万8000円(税込)で一般販売するのに先駆け、Makuakeでは18万8000円(税込)で、オプションのアルミハンドル(5680円)も付けて販売している。

オリジナルマインドは2003年からCNCの開発に取り組んできたメカトロニクスメーカー。Qt100は特に静音性と可搬性を重視して開発した製品で、クリエイターのデスクトップになじむよう、スカイブルー、ピンク、イエロー、グリーン、ホワイトの5色のカラーバリエーションをそろえた。

Qt100の仕様は、外形サイズ356.3×383.2×348.6mm、テーブルサイズが150×100mm、取り付け可能な材料高さ42mm。スピンドルのツールチャックはセットスクリュー式、対応シャンク径は3/3.175/4/6mmから購入時に選択できる。回転数は毎分4800回転(オプションで4800/7000回転の切り替え可能)。ストロークはX軸156.4、Y軸106.6mm、Z軸58.4mm。最大送り速度は毎秒15mmで、分解能は0.78μm。重さは14.9kg。加工可能な材料は、樹脂、FRP、木材、アルミ合金、真ちゅう。

このほか、コントローラー「TRA100」、制御用ソフトウェア、配線用ケーブルが付属する。キットには切削工具(エンドミル)は含まれない。CAD/CAMソフトウェアは別途用意する必要がある。

Makuakeでは目標100万円に対し、記事執筆時点で95万1000円が集まっている。8月1日、2日に東京ビッグサイトで開催されるMaker Faire Tokyo 2015で、KitMillシリーズを展示する予定。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  2. 3Dプリンター/レーザー彫刻/CNC彫刻に対応可能な複合機「DOBOT Mooz」一般販売開始
  3. 3Dプリンターと光るフィラメントを使って暗闇合コンしてみた
  4. JavaScriptでプログラミングできる超小型IoTコントローラー「neonious one」
  5. 1970年代のように2進数を手入力——定規に組み込まれた8ビットコンピューター「Digirule2」
  6. 青色レーザーで高精細スキャニング——デスクトップ3Dスキャナーキット「WildCats 3D」
  7. レーザーエネルギー伝送で飛行する昆虫型ロボット「RoboFly」
  8. 乾電池だけでBLEビーコン——乾電池型IoTデバイス「MaBeee ビーコンモデル」
  9. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  10. Wi-Fi/Bluetooth通信モジュールや関連部品を同梱——CQ出版、オールインIoT学習ワークベンチ「PICoT」全部入り版を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る