新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アコースティックドラムの表現力を豊かにする「Sensory Percussion」

米ニューヨークに拠点を置くSunhouseは、アコースティックドラムの表現力を豊かにするシステム「Sensory Percussion」のプロジェクトをKickstarterで開始した。振動センサを内蔵したガジェットを、バス、スネア、タムタムの各ドラムの側面に引っかけることで、ドラムの振動をじかに捉えて、たたく強さや位置により違った音色を出す。ミックスされた新しい音色を作りだすこともできる。

各ドラムに装着されたセンサガジェットは、一般的なオーディオインターフェースを経由してMac/Windows PCに接続する。専用ソフトウェアで出力パターンをセットすれば、簡単にユニークなドラム演奏が楽しめるようになるという。

Sensory Percussionは8月6日までKickstarterでクラウドファンディング中。記事執筆時点で、目標額の8万ドル(約988万円)に対して、5万ドル(617万円)超を集めている。記事執筆時点で、595ドル(約7万3000円)でセンサガジェット1個と専用ソフトウェアのセットが入手できる。日本への発送は可能だが、送料は要問い合わせ。納期は2016年の1月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  2. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  3. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  4. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  5. 必要なモジュールだけ切り離して使える——Raspberry Pi Pico用開発キット「PicoBricks」
  6. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  7. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  8. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  9. 第2世代の開発キット「M5Stack Core 2」、販売開始
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る