新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アコースティックドラムの表現力を豊かにする「Sensory Percussion」

米ニューヨークに拠点を置くSunhouseは、アコースティックドラムの表現力を豊かにするシステム「Sensory Percussion」のプロジェクトをKickstarterで開始した。振動センサを内蔵したガジェットを、バス、スネア、タムタムの各ドラムの側面に引っかけることで、ドラムの振動をじかに捉えて、たたく強さや位置により違った音色を出す。ミックスされた新しい音色を作りだすこともできる。

各ドラムに装着されたセンサガジェットは、一般的なオーディオインターフェースを経由してMac/Windows PCに接続する。専用ソフトウェアで出力パターンをセットすれば、簡単にユニークなドラム演奏が楽しめるようになるという。

Sensory Percussionは8月6日までKickstarterでクラウドファンディング中。記事執筆時点で、目標額の8万ドル(約988万円)に対して、5万ドル(617万円)超を集めている。記事執筆時点で、595ドル(約7万3000円)でセンサガジェット1個と専用ソフトウェアのセットが入手できる。日本への発送は可能だが、送料は要問い合わせ。納期は2016年の1月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piでソフトラジオを作ろう——三馬力、「RTL-SDRとRaspberry Piではじめようソフトウェアラジオ」発刊
  2. ラズパイでラジオを聴取——インプレスR&D、「ラズパイでラジオを聞く!“radiberry pi!”構築マニュアル」発刊へ
  3. 最大5軸の制御に対応するCNCコントローラー「Super Gerbil」
  4. Raspberry Pi 3にHATサイズのA+が登場——「Raspberry Pi 3 Model A+」
  5. ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第5版」発刊
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 回路やソフトだけじゃ物足りない 自作部品でエレ・メカ工作「基礎の基礎」【1】
  8. NASAも駆け込む鉄工所、ヒルトップが考える試作開発とは
  9. シャフトドライブ、ノーパンクタイヤなどを採用——メンテナンスフリー自転車「Rich」
  10. 7万円で初心者も使える本格派3Dプリンター Adventurer3実機レビュー

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る