新しいものづくりがわかるメディア

RSS


米調査会社Gartner、“IoTは期待のピーク、コンシューマー3Dプリンティングは幻滅期入り”

米調査会社Gartnerは、さまざまな分野の新しい技術について、その成熟度や企業にもたらすメリット、今後の方向性に関する分析を図式化したハイプ・サイクル(Hype Cycle)の2015年版を発表した。コンシューマー3Dプリンティングは、2014年には“「過度な期待」のピーク期”だったが、2015年は“幻滅期”入りしている。

ハイプ・サイクルは、Gartnerが1995年に発表した図で、新しく出てきた技術がたどるパターンを、世の中に登場したときから順に“黎明期”、“「過度な期待」のピーク期(流行期)”、“幻滅期”、“啓蒙活動期(回復期)”、“生産性の安定期”の5つの時期に分け、期待度の高さとともにグラフ化したもの。

2015年版を2014年版と比較すると、コンシューマー3Dプリンティングは「過度な期待」のピーク期幻滅期に移行した。エンタープライズ3Dプリンティングは啓蒙活動期にある。このほか、黎明期にあるのはIoTプラットフォームやスマートロボットなど。「過度な期待」のピーク期にあるのは、IoT、自律運転自動車、機械学習、ウェアラブルなど。幻滅期にあるものとしては、拡張現実、仮想現実などとなっている。

※図はいずれもGartnerによる。上図:2015年7月版、下図:2014年8月版。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  5. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  6. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  7. クモの糸に匹敵——強度と靭性を兼ね備えた軽量ポリマー繊維を開発
  8. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  9. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  10. 超広角カメラを内蔵——Makeblock、デスクトップ型レーザーカッター「Laserbox」の国内販売を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る