新しいものづくりがわかるメディア

RSS


好きなクリエイターの生地を1mから買えるデジタルファブリックマーケット「HappyFabric」オープン

デジタルプリントサービスを提供するOpenFactoryは、クリエイターが手がけたさまざまなデザインの生地を、注文ごとにデジタル染色プリントし、1mから販売するWebサイト「HappyFabric」を9月29日にオープンした。

HappyFabricには、世界中のクリエイターが作ったさまざまなファブリックデザインが掲載されている。顧客はその中から好きなデザインを選び、さらに薄手から厚手まで7種類の生地から好みの厚さを選択して購入すると、およそ1~2週間で、プリントされた布が届く。在庫を持たず、注文毎にデジタル染色プリントするシステムで、顧客は1mから購入できる。

HappyFabricに掲載されたデザインは、すべてのクリエイターが二次加工して販売する事を了承しているため、権利を侵害することなく再版することもできる。ハンドメイドクラフトへの利用だけでなく、ファブリックデザインの生地を使用しての商品化も可能だ。

またサイトオープンに伴い、デザインを提供するクリエイター向けのプログラムも開始した。デザインをWebサイトに掲載することで、クリエイターは在庫を持つことなくデジタルファブリックを販売できる。デザインしたファブリックが売れた場合は、販売価格の10%がデザイン代として還元される仕組み。 

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  6. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  7. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. Raspberry PiやArduinoでGroveセンサが使える——Groveセンサキット「800-RPSET1_2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る