新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンタ造形物の仕上げ作業に便利なペン型ツール「MODIFI3D」

FFF(熱溶融積層)3Dプリンタ造形物の表面の積層痕をならしたり、細かな部分を仕上げたりするのに便利なペン型ツール「MODIFI3D」がKickstarterで人気を集めている。USBケーブルを使って15秒ほどで420~450度まで加熱することができ、4種類のアタッチメントの交換により、1本でさまざまな作業がこなせるという。

MODIFI3D本体の直径は15mm、長さは117mm、重さは20gでこの種のツールとしては細身で小型。給電用USBケーブルの長さは1.5m。PLA、ABS、ナイロンその他のフィラメントで3Dプリントした造形物の仕上げに最適という。

付属するアタッチメントは、3Dプリンタで出力した造型物の不要な部分を切断して除去する「Knife Tip」、ふさがってしまった穴をきれいに開け直す「Needle Tip」、深さのあるオブジェクトの底からバリをかき出す「Scoop Tip」、造型後に穴を開けたり等さまざまな用途に使える「Point Tip」の4種類だ。

MODIFI3DはKickstarterで11月19日までクラウドファンディング中。記事執筆時点では目標額の3000ポンド(約56万円)の4倍を超える1万3000ポンド(約240万円)超を集めている。記事執筆時点では15ポンド(約2800円)でMODIFI3Dを1セット入手できる(4種類のアタッチメント、USBケーブル、専用スタンドを含む)。日本への出荷は可能だが、送料は要問い合わせ。納期は2016年の2月の予定だ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1980年代に高校通信教育講座受講者に無償配布された専用ラジカセ「NEC FM SUB/FM AM RADIO CASSETTE TAPE RECORDER RM-380(非売品)」
  2. より良いサーフボードのデザインで地球を救いたいと一企業が考えた理由
  3. 好みの3Dプリンター自作に——デスクトップ3Dプリンター用フレーム「Easy Frame」
  4. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  5. ナット挿入や穴開けもできる3Dプリント造形物用仕上げツール「Modifi3D PRO」
  6. 飛騨高山産の木材で作った木製ヘッドフォン「ヒダノオト」
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. PCB一体型アンテナ搭載——小型BLEモジュール「NINA-B306/316」
  9. クラレ、水溶性のMOWIFLEXを使った3Dプリンター用サポートフィラメントを発表
  10. 円筒状の表面にレーザー刻印できる——レーザー加工機用ロータリーアタッチメント「PiBurn」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る