新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、お絵描きロボットキット「mDrawBot」を通常販売開始

スイッチサイエンスは、クラウドファンディング「Makuake」で出資を募ったお絵描きロボット「mDrawBot(エムドローボット)」の通常販売を、2015年12月9日より開始する。

mDrawBotは、中国企業のMaker Works Technologyが開発・製造しているお絵描きロボットキットだ。ロボット製作プラットフォーム「Makeblock」に基づいて設計されたアルミ製パーツや電子モジュール、専用マイコンボード「Makeblock Orion」など、60種類以上の部品を同梱。キット内のパーツを組み合わせることで、「mScara」「mCar」「mSpider」「mEggBot」という4種類の描画ロボットを組み立てることができる。

mScara mScara
mCar mCar
mSpider mSpider
mEggBot mEggBot

mScaraは平面に絵を描くためのロボット。mCarは走った軌跡どおりに描くことができるロボットカーで、チョークを取り付ければ道路の路面にも描画できる。mSpiderは本体を糸で壁に吊り下げるタイプのロボットで、壁やホワイトボードなど垂直面への描画が可能。mEggBotは、卵やピンポン球といった球面に絵を描くことができる。

組み立てにかかる時間は、いずれも1時間程度。専用マイコンボードMakeblock OrionはArduino Unoと互換性があるため、プログラミング初心者でも扱いやすく、電子工学やロボット工学の教材としても適している。

また、プラットフォームとなっている「Makeblock」は、レゴと機械・電子的に互換性があるため、レゴ用のパーツを組み合わせてオリジナルのロボットを作ることも可能。さらに、フリーソフトウエア「mDraw」を使うことで、ロボットの制御も容易にできるようになっている。 

スイッチサイエンスのWebサイトにて、12月9日から購入できるようになる。価格は3万2400 円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る