新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D制作ソフト「Shade 3D Professional」にサブスクリプション版が登場

国産3Dソフトの開発・販売を手掛けるShade3Dは、3D制作ソフト「Shade 3D」の利用期間を1年に限定したサブスクリプション版「Shade 3D Professional 1年版」を、12月18日に発売する。

photo

1986年に発売された「Shade 3D」シリーズは、現在までの累計販売数が70万本を数え、国内シェア1位を誇る統合型3D作成ソフト。2015年3月には、3Dプリンタに対応したver.15がリリースされ、フィギュアなどのグラフィックデザイン、建築・インテリア、広告イラストなど、幅広い分野で使われている。

今回発売されるサブスクリプション版は、「Shade 3D」シリーズの最上位版となるプロフェッショナル向けのソフトウエア。通常版は定価7万1928円(税込)だが、中小企業や個人事業主などでも導入しやすくするため、利用期間を1年間に限定して、3万1104円(税込)での販売に踏み切った。サブスクリプション版でも通常版と同じ機能が利用できるほか、利用期限が切れた後も更新期限を延長することが可能となっている。

対応OSは、Windowsは7/8/8.1/10(32ビット・64ビット)MAC OS Xは10.8/10.9/10.10/10.11(64ビット)のみ。POSA版は全国の家電量販店で、ダウンロード版はShade3Dオンラインストアで販売される。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  2. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  5. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. カスタムパーツやゲームキャラを自宅の3Dプリンターで——Prusa Research、さまざまなブランドと提携し3Dファイルを公開
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る