新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリントしたまま組み立て要らずで動く太陽系模型「Solar System」

3Dプリントで作られた太陽系の模型「Solar System」が、3DプリンティングサービスのShapewaysで発売された。中心には太陽を据え、8つの惑星を周囲に配置。動作用のバーを手で回すと、惑星がそれぞれの周期に従って太陽の周りを公転する仕組みになっている。

Solar Systemは、さまざまな惑星が存在する太陽系をミニチュアサイズで3Dモデル化した模型。惑星のサイズ、公転の周期、太陽と惑星との距離も実際のデータを踏まえて形作っている。太陽と地球、その他の惑星の関係性が手に取るように理解できるので、教育に役立つ模型になりそうだ。

素材はナイロンプラスチックを使用。カラーはホワイト1色で、つや消し仕上げにより、表面にざらざら感を残した。サイズは約194×91×91mm。Shapewaysでの販売価格は89.95ドル(約1万900円)。日本への出荷にも対応し、送料は19.99ドル(約2400円)だ。

開発元のStudio Voronoiは、テオ・ヤンセン氏が生み出した「ストランドビースト」を意識し、複数の部品を組み合わせずとも、3Dプリンタで造型されたままの状態で動くように設計したとShapeways Blogでコメントしている。

Shapewaysはクリエイターが3Dモデルデータをアップロードし、ユーザーがそのデータを見て購入すると、Shapewaysが3Dプリントしてユーザーに発送し、クリエイターには手数料を除いたお金が支払われる仕組みの3Dプリンティングサービス。 

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  6. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  7. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. Raspberry PiやArduinoでGroveセンサが使える——Groveセンサキット「800-RPSET1_2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る