新しいものづくりがわかるメディア

RSS


好きな色を選べるデスクトップサイズの6軸制御ロボットアーム「HEW」

イギリス発のカラフルなデスクトップサイズ6軸制御ロボットアーム「HEW」のプロジェクトがKickstarterで始まった。約9割のパーツをイギリスの地元企業から調達しているという。

photo

スタイリッシュな外観で、軽量化と耐久性のバランスを考慮し、ボディにはアクリルを使用している。

カラーはブラック、ホワイト、レッド、ブルー、グリーン、イエロー、クリアの7色から選択できる。またカスタマイズカラーにも対応するという。

アームの先端に装着するグリップも、同様のカラーから選べる。グリップは対象物を挟むタイプのSimpGripと、電磁石搭載のMagGripの2種類がある。

photo
photo
photo
photo

開発元のBlueprint Roboticsによると、そもそもHEWは大学生向けにロボット工学やプログラミングを学習するための教材として開発したものだという。ロボット工学を学ぶことで、機械、電気、ソフトウエアなど広範な知識を得られるとしている。

HEWの水平作業領域は360度におよび、最長リーチは256.9mmに達する。重量は500g、繰返し精度は±3mm。ベース部分はフロア、シーリング、壁に取付けやすいシンプルなデザインになっている。

HEWはKickstarterで、2016年1月10日までクラウドファンディング中。12月16日時点で目標額の1万ポンド(約183万円)に対し、800ポンド(約14万6000円)ほどを集めている。

ベーシックカラーから選択できるSimGrip搭載ユニットの早期割引適用分は、1台165ポンド(約3万円)で購入可能だ。20台限定で、2016年2月の出荷を予定している。日本への出荷には、8ポンド(約1500円)の送料が必要となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  8. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  9. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  10. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る