新しいものづくりがわかるメディア

RSS


好きな色を選べるデスクトップサイズの6軸制御ロボットアーム「HEW」

イギリス発のカラフルなデスクトップサイズ6軸制御ロボットアーム「HEW」のプロジェクトがKickstarterで始まった。約9割のパーツをイギリスの地元企業から調達しているという。

photo

スタイリッシュな外観で、軽量化と耐久性のバランスを考慮し、ボディにはアクリルを使用している。

カラーはブラック、ホワイト、レッド、ブルー、グリーン、イエロー、クリアの7色から選択できる。またカスタマイズカラーにも対応するという。

アームの先端に装着するグリップも、同様のカラーから選べる。グリップは対象物を挟むタイプのSimpGripと、電磁石搭載のMagGripの2種類がある。

photo
photo
photo
photo

開発元のBlueprint Roboticsによると、そもそもHEWは大学生向けにロボット工学やプログラミングを学習するための教材として開発したものだという。ロボット工学を学ぶことで、機械、電気、ソフトウエアなど広範な知識を得られるとしている。

HEWの水平作業領域は360度におよび、最長リーチは256.9mmに達する。重量は500g、繰返し精度は±3mm。ベース部分はフロア、シーリング、壁に取付けやすいシンプルなデザインになっている。

HEWはKickstarterで、2016年1月10日までクラウドファンディング中。12月16日時点で目標額の1万ポンド(約183万円)に対し、800ポンド(約14万6000円)ほどを集めている。

ベーシックカラーから選択できるSimGrip搭載ユニットの早期割引適用分は、1台165ポンド(約3万円)で購入可能だ。20台限定で、2016年2月の出荷を予定している。日本への出荷には、8ポンド(約1500円)の送料が必要となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る