新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ボンサイラボ、音声ナビ機能搭載の3Dプリンタ「FabPod」をCESに出品

ボンサイラボはアメリカで2016年1月6日から開催の「CES 2016」で、音声ナビゲーション機能を搭載した3Dプリンタ「FabPod」と、3Dプリンタ操作用ソフトウェア「FabPodUI」を発表した。FabPodは2016年春にリリース予定。価格は500ドル(約6万円)以下になる見通しだ。

FabPodは、科学、技術、エンジニアリング、数学に重点を置くSTEM教育市場を狙った3Dプリンタ。操作方法を音声でガイドしてくれる音声ナビゲーション機能を搭載した。低価格で操作が簡単、使っていて安全で壊れにくいことを重視して開発したという。

操作用ソフトのFabPodUIには、より現実味のあるレンダリングが可能になるIBL(Image Based Lighting)という3Dレンダリング技術を採用した。ソフト開発には統合型ゲーム開発環境「Unity」を利用。初心者にとっては簡単に、上級者にとっては細部にまでこだわって設定できる統合型3Dプリンタ用ユーザーインターフェースに仕上がったとうたっている。

photo

なお、FabPodUIはFabPod専用のソフトウェアというわけではなく、機種は問わず、他の3Dプリンタ向けにも無償提供する計画だ。

同社はこの他にもCESで、独自開発の解析技術を用いる3Dスキャナも参考出品している。

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  4. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  9. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  10. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る