新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ボンサイラボ、音声ナビ機能搭載の3Dプリンタ「FabPod」をCESに出品

ボンサイラボはアメリカで2016年1月6日から開催の「CES 2016」で、音声ナビゲーション機能を搭載した3Dプリンタ「FabPod」と、3Dプリンタ操作用ソフトウェア「FabPodUI」を発表した。FabPodは2016年春にリリース予定。価格は500ドル(約6万円)以下になる見通しだ。

FabPodは、科学、技術、エンジニアリング、数学に重点を置くSTEM教育市場を狙った3Dプリンタ。操作方法を音声でガイドしてくれる音声ナビゲーション機能を搭載した。低価格で操作が簡単、使っていて安全で壊れにくいことを重視して開発したという。

操作用ソフトのFabPodUIには、より現実味のあるレンダリングが可能になるIBL(Image Based Lighting)という3Dレンダリング技術を採用した。ソフト開発には統合型ゲーム開発環境「Unity」を利用。初心者にとっては簡単に、上級者にとっては細部にまでこだわって設定できる統合型3Dプリンタ用ユーザーインターフェースに仕上がったとうたっている。

photo

なお、FabPodUIはFabPod専用のソフトウェアというわけではなく、機種は問わず、他の3Dプリンタ向けにも無償提供する計画だ。

同社はこの他にもCESで、独自開発の解析技術を用いる3Dスキャナも参考出品している。

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. スイッチサイエンス、Raspberry Pi Pico用ディスプレイモジュール2種を発売
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 5G通信網を使ってスマホをワイヤレス充電——新しいミリ波ワイヤレス給電システムを開発
  7. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  8. 世界初の木製人工衛星が今年宇宙に
  9. ジョイスティックで動く小型ロボット犬「TiBeast」
  10. コガネイ、空気圧人工筋肉用コントローラー「PMCシリーズ」販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る