新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ウィンクル、好きなキャラと一緒に暮らせるホログラムロボット「Gatebox」を発表

IoT製品の企画と開発を手掛けるウィンクルは、デジタルキャラクターが人々と共に暮らす世界を目指して開発したホログラムコミュニケーションロボット「Gatebox」のコンセプトモデルを発表した。

photo コンセプトモデルのテクノロジー構成

Gateboxは、ホログラム技術と各種センサを組み合わせたコミュニケーションロボットだ。ホログラム技術でデジタルキャラクターを投影すると同時に、搭載した各種センサでユーザーの行動を認識して、リアルなコミュニケーションを取れるという。さらに、インターネットや家電などと接続することで、天気予報を伝えたり、風呂あがりに合わせて冷暖房をつけたりするといった日常生活のサポートも可能だ。

 

photo 朝の会話
photo 家電コントロール
photo 夜のお出迎え
photo 天気のお知らせ

ウィンクルは、外見が同じ量産型ロボットではなく「1人1人の趣味嗜好に合った多様性のあるロボットを作りたい」という発想からGateboxを企画。「世界初」だというデジタルキャラクターをインターフェースに活用するホログラムコミュニケーションロボットの開発に着手した。

今後は製品化に向けて、リアリティやコミュニケーション精度の向上を図る。そのためのエンジニア増強を目的として、インキュベイトファンド、プライマルキャピタル、iSGインベストメントワークスを引受先とする第3者割当などで約9000万円を増資した。2016年秋にはクラウドファンディングでの購入予約開始を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. 試作工場(東京都足立区)
  3. レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」
  4. 用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」
  5. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  6. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  7. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  8. 119の“しかけ”をめくってプログラミングを学ぶ——「なるほどわかった コンピューターとプログラミング」発刊へ
  9. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売
  10. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る