新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ウィンクル、好きなキャラと一緒に暮らせるホログラムロボット「Gatebox」を発表

IoT製品の企画と開発を手掛けるウィンクルは、デジタルキャラクターが人々と共に暮らす世界を目指して開発したホログラムコミュニケーションロボット「Gatebox」のコンセプトモデルを発表した。

photo コンセプトモデルのテクノロジー構成

Gateboxは、ホログラム技術と各種センサを組み合わせたコミュニケーションロボットだ。ホログラム技術でデジタルキャラクターを投影すると同時に、搭載した各種センサでユーザーの行動を認識して、リアルなコミュニケーションを取れるという。さらに、インターネットや家電などと接続することで、天気予報を伝えたり、風呂あがりに合わせて冷暖房をつけたりするといった日常生活のサポートも可能だ。

 

photo 朝の会話
photo 家電コントロール
photo 夜のお出迎え
photo 天気のお知らせ

ウィンクルは、外見が同じ量産型ロボットではなく「1人1人の趣味嗜好に合った多様性のあるロボットを作りたい」という発想からGateboxを企画。「世界初」だというデジタルキャラクターをインターフェースに活用するホログラムコミュニケーションロボットの開発に着手した。

今後は製品化に向けて、リアリティやコミュニケーション精度の向上を図る。そのためのエンジニア増強を目的として、インキュベイトファンド、プライマルキャピタル、iSGインベストメントワークスを引受先とする第3者割当などで約9000万円を増資した。2016年秋にはクラウドファンディングでの購入予約開始を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る