新しいものづくりがわかるメディア

RSS


神奈川の「出張まち工場」、キャンピングカーを改装したものづくり出張カーへの支援募る

神奈川の異業種メンバーで構成する地域グループ「出張まち工場」は、キャンピングカーを改装してものづくりの拠点となる出張カーを作るプロジェクトをスタートした。zenmonoで支援を募集している。

photo

プロジェクトの正式名称は「地域とつながる出張まち工場の出張カーを作るプロジェクト」。

これまで使ってきたキャンピングカーを改装し、3Dプリンタやレーザーカッター、デジタル刺繍機といった最近のものづくり機器や発電機を搭載する。

photo

電源の無い場所への出張や、短時間の出張活動を可能とすることで、出張まち工場の活動の場を学校や病院、福祉施設などへも広げる狙いがある。

出張まち工場は神奈川県西部の町工場、デザイナー、職人などの異業種事業者により2014年4月に活動をスタートした。代表は川田製作所の川田俊介氏。

photo

これまで小田原市でのハンドクラフト市「カミイチ」への出展や、箱根町、秦野市といった県内での活動に加え、大阪などへの出張も20回以上にわたる。

photo

出資額によって、オリジナルプロダクトのプレゼント(1000~5000円)、ワークショップや出張一日体験、出張カーの一日出張券(8000~3万円)、スポンサーとしての名前掲示(1万~10万円)のほか、高額支援者(12万円以上)にはネーミング権も与えられる。

また、キャンピングカーの改装を手伝ってくれるエンジニアや、地域への出張活動への参加を手伝ってくれるスタッフも同時に求めている。

zenmonoでのプロジェクトの期限は2016年4月10日とし、目標額は50万円。1月28日時点で10万7000円を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  6. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  7. ソフトロボットへの応用も——印刷技術による薄く柔軟なモーターを開発
  8. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  9. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る