新しいものづくりがわかるメディア

RSS


神奈川の「出張まち工場」、キャンピングカーを改装したものづくり出張カーへの支援募る

神奈川の異業種メンバーで構成する地域グループ「出張まち工場」は、キャンピングカーを改装してものづくりの拠点となる出張カーを作るプロジェクトをスタートした。zenmonoで支援を募集している。

photo

プロジェクトの正式名称は「地域とつながる出張まち工場の出張カーを作るプロジェクト」。

これまで使ってきたキャンピングカーを改装し、3Dプリンタやレーザーカッター、デジタル刺繍機といった最近のものづくり機器や発電機を搭載する。

photo

電源の無い場所への出張や、短時間の出張活動を可能とすることで、出張まち工場の活動の場を学校や病院、福祉施設などへも広げる狙いがある。

出張まち工場は神奈川県西部の町工場、デザイナー、職人などの異業種事業者により2014年4月に活動をスタートした。代表は川田製作所の川田俊介氏。

photo

これまで小田原市でのハンドクラフト市「カミイチ」への出展や、箱根町、秦野市といった県内での活動に加え、大阪などへの出張も20回以上にわたる。

photo

出資額によって、オリジナルプロダクトのプレゼント(1000~5000円)、ワークショップや出張一日体験、出張カーの一日出張券(8000~3万円)、スポンサーとしての名前掲示(1万~10万円)のほか、高額支援者(12万円以上)にはネーミング権も与えられる。

また、キャンピングカーの改装を手伝ってくれるエンジニアや、地域への出張活動への参加を手伝ってくれるスタッフも同時に求めている。

zenmonoでのプロジェクトの期限は2016年4月10日とし、目標額は50万円。1月28日時点で10万7000円を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  2. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  3. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  4. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  5. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  6. ワークブック形式で基礎を習得——カットシステム、「Python[基礎編]ワークブック」発刊へ
  7. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  8. シリコンバレーを経て起業した韓国Naranが見据える「地に足の着いたIoT」
  9. いつでもどこでも気分を「リブート」してストレス解消——手遊びガジェット「KACHA」
  10. CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る