新しいものづくりがわかるメディア

RSS


神奈川の「出張まち工場」、キャンピングカーを改装したものづくり出張カーへの支援募る

神奈川の異業種メンバーで構成する地域グループ「出張まち工場」は、キャンピングカーを改装してものづくりの拠点となる出張カーを作るプロジェクトをスタートした。zenmonoで支援を募集している。

photo

プロジェクトの正式名称は「地域とつながる出張まち工場の出張カーを作るプロジェクト」。

これまで使ってきたキャンピングカーを改装し、3Dプリンタやレーザーカッター、デジタル刺繍機といった最近のものづくり機器や発電機を搭載する。

photo

電源の無い場所への出張や、短時間の出張活動を可能とすることで、出張まち工場の活動の場を学校や病院、福祉施設などへも広げる狙いがある。

出張まち工場は神奈川県西部の町工場、デザイナー、職人などの異業種事業者により2014年4月に活動をスタートした。代表は川田製作所の川田俊介氏。

photo

これまで小田原市でのハンドクラフト市「カミイチ」への出展や、箱根町、秦野市といった県内での活動に加え、大阪などへの出張も20回以上にわたる。

photo

出資額によって、オリジナルプロダクトのプレゼント(1000~5000円)、ワークショップや出張一日体験、出張カーの一日出張券(8000~3万円)、スポンサーとしての名前掲示(1万~10万円)のほか、高額支援者(12万円以上)にはネーミング権も与えられる。

また、キャンピングカーの改装を手伝ってくれるエンジニアや、地域への出張活動への参加を手伝ってくれるスタッフも同時に求めている。

zenmonoでのプロジェクトの期限は2016年4月10日とし、目標額は50万円。1月28日時点で10万7000円を集めている。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  2. すごーい!あたまわるーい!知恵の芽を摘む「頭の悪いメカ発表会2」
  3. 限定150台——4万円で買えるFFF方式3Dプリンターキット「Proforge」
  4. ネオピクセルLEDがドライブできる——Arduino互換Wi-Fi対応IoT開発ボード「LEDUNIA」
  5. 造形物のはがれや反りを防止、簡単に取り外せる3Dプリントベッドシート「EZ Stick」
  6. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画
  7. ORANGE BASICでArduinoシールドを使おう——ORANGE picoマイコン「Orangino」
  8. 第3回 足りないのは人と時間。世界を取り巻くSTEM教育の現状と課題
  9. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  10. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る