新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コインサイズのBluetooth LE対応10軸モーションセンサ「Metaware CPRO」

直径24mm、厚さ3mmでBluetooth LE対応の10軸モーションセンサ「Metaware CPRO」のプロジェクトがKickstarterに登場した。Arduinoをベースにした場合のコスト約150ドル(約1万8150円)に対し、55ドル(約6650円)で同等の機能を実現できるという。

photo

Metaware CPROの開発元はMbientLabで、Nordic SemiconductorのBLE SoC nRF51822(ARM M0コア、126KB Flash、16KB SRAM)を搭載し、コインサイズを実現している。

ジャイロ、加速度、 圧力、角速度、地磁気、気圧、高度、温度、光の各センサを備え、LEDとスイッチを搭載した基板には空きのI/Oピンがあり、センサの追加も可能。内蔵するコイン型リチウム電池CR2032で数カ月作動するという。

photo

ダウンロード可能なSDK(ソフトウェア開発キット)も用意されており、スポーツ、ウェアラブル、教育などへの活用を狙っている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  2. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. FFF方式3Dプリンターで透明パーツを造形する方法
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る