新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レゴでプログラミングを学ぶ新教材「WeDo 2.0」、国内発売へ

ブロック玩具教材メーカーのLEGO Educationは、プログラミングを学べる小学生向けロボティクス学習キットの最新版「WeDo 2.0」を2016年4月1日に日本国内で発売する。

先に報じたとおり、WeDo 2.0は、PCとタブレットの双方から操作可能。学習キットには新たに、Bluetooth LEを搭載したスマートハブ、モーター、傾斜センサ、モーションセンサ、280ピースのレゴブロックなどが含まれている。

対応プラットフォームは、iPad、Android、Windowsタブレット、PC、Mac。さらに、Scratchとも連動する見込みだ。

対象学年は、小学1年生以上。ブロックの組み立てやプログラムの作成などの活動を通して、科学技術やエンジニアリングを身近に感じさせ、実験や調査に興味を持たせることを目的としている。

価格は、WeDo 2.0基本セットが2万4000円(税別)。日本正規販売代理店のアフレルは、先行予約を2016年3月22日まで受け付け中だ。予約特典として、セットアップガイドとプログラミングガイドを同梱した先行予約セット3種を特別価格で提供する。

WeDo 2.0基本セットに、セットアップガイドとプログラミングガイドを付けた「スタートセットA」が2万4000円(税別)。スタートセットAに、スマートハブ用充電池とDCアダプターを付けた「スタートセットB」が3万5500円(税別)。スタートセットB 2組分に、プログラミングガイドWハブ編を付けた「スタートセットC」が7万1000円(税別)。いずれも、セットに含まれる各種導入サポートガイドブックの価格分を割り引きした特別価格となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る