新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Stratasys、Adobeと連携し3Dプリントの工程を大幅に減らす新型3Dプリンタ発表

米Stratasysは「SOLIDWORKS WORLD 2016」において、新型3Dプリンタ「Objet Connex3」シリーズと、Adobeと連携したソフトウェア「Stratasys Creative Colors Software」を発表した。

Objet Connex3は、マルチカラー、マルチマテリアルによる3Dプリンティングをもっと身近にすることで、3Dプリンタをさらに普及させようという目的を持って開発された製品。デザインから3Dプリントまでにかかるワークフローの簡素化、使い勝手の改善、対応する色数の増加といった改善が施されている。

Objet Connex3は対応ソフトウェアとして、Adobe 3D Color Print Engineを利用した「Stratasys Creative Colors Software」が提供される。

同ソフトによって、1)Adobe Photoshop CCでデザインデータを開く、2)カラーとテクスチャを指定する、3)Stratasys Creative Colorsのトレイマネジャーでプレビューする——というワークフローでマルチカラーの3Dプリントが可能になる。従来、デザインデータからマルチカラーの3Dプリントを出力するまでに必要だった3Dモデリング、STL形式へのファイル変換、後処理や色塗りといった工程が不要になるという。

photo source Stratasys
photo source Stratasys

Stratasys Creative Colors Softwareが導入される3Dプリンタは、「Objet260 Connex3」「Objet350 Connex3」「Objet500 Connex3」という3モデルのラインアップとなる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どこでもレーザー刻印できる——コンパクトカメラサイズのレーザー加工機「Cubiio」
  2. 電子工作マニア向け——プリント基板のパターンが印刷された定規「Zero Ruler V2」
  3. 子供が作っておウチで役立つIoT——実践型電子工作教材「PRO-CUBE」
  4. 全員FW!サッカー盤と電動ドリルを合体させてみた
  5. Autodesk、Fusion 360の大型アップデートを実施——シートメタル機能などを追加
  6. エアコンの稼働状況を可視化——家電をIoT化するデバイス「eRemote pro」
  7. 3脚車輪走行で素早い動き——デスクトップコンバットロボット「Archer」
  8. オーム社、電子工作の入門書「実践Arduino! 電子工作でアイデアを形にしよう」発刊
  9. SLAMナビゲーションも可能——ロボット製作キット「CrazyPi」
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る