新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Stratasys、Adobeと連携し3Dプリントの工程を大幅に減らす新型3Dプリンタ発表

米Stratasysは「SOLIDWORKS WORLD 2016」において、新型3Dプリンタ「Objet Connex3」シリーズと、Adobeと連携したソフトウェア「Stratasys Creative Colors Software」を発表した。

Objet Connex3は、マルチカラー、マルチマテリアルによる3Dプリンティングをもっと身近にすることで、3Dプリンタをさらに普及させようという目的を持って開発された製品。デザインから3Dプリントまでにかかるワークフローの簡素化、使い勝手の改善、対応する色数の増加といった改善が施されている。

Objet Connex3は対応ソフトウェアとして、Adobe 3D Color Print Engineを利用した「Stratasys Creative Colors Software」が提供される。

同ソフトによって、1)Adobe Photoshop CCでデザインデータを開く、2)カラーとテクスチャを指定する、3)Stratasys Creative Colorsのトレイマネジャーでプレビューする——というワークフローでマルチカラーの3Dプリントが可能になる。従来、デザインデータからマルチカラーの3Dプリントを出力するまでに必要だった3Dモデリング、STL形式へのファイル変換、後処理や色塗りといった工程が不要になるという。

photo source Stratasys
photo source Stratasys

Stratasys Creative Colors Softwareが導入される3Dプリンタは、「Objet260 Connex3」「Objet350 Connex3」「Objet500 Connex3」という3モデルのラインアップとなる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 配線不要のディスプレイ照明——模型用ワイヤレスLED「X-BASE」
  2. 不在時の荷物受け取りに便利——オランダ発スマート宅配ボックス「LockBox」
  3. デスクトップでロボット開発——Arduino互換ボードで動かすロボットDIYキット「NOVA」
  4. Wi-Fi対応Arduino互換マイコンを作ろう——CQ出版、「トランジスタ技術 2017年11月号」で「IoT Express」を特集
  5. レーザー刻印、CNC彫刻、マルチカラープリントも対応——工業グレードの金属製3Dプリンター「Mooz」
  6. 加工エリアは最大3m×2.5m——自走式ルーターロボットCNC「Goliath CNC」
  7. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  8. FabLab浦和-Beta(埼玉 浦和)
  9. 機械語プログラミングを学習できる——教育用4ビットマイコンボード「ORANGE-4」
  10. LEDテープとハーフミラーで作る合わせ鏡——「Desktop Infinity Mirror」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る