新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DMM.comが「DMM.make Distribution」を立ち上げ、国内外の製品流通などでベンチャー支援

DMM.comが、国内外のユニークな家電製品の流通・販売を支援する「DMM.make Distribution」を立ち上げた。世界へ向けて自社製品を流通・販売したいハードウェア系ベンチャーなどを支援する輸出型販売代理店業務と、世界各国で開発されたユニークな家電製品を取り扱う輸入型販売代理店業務を展開する。

海外での流通・販売支援については、製品の輸送や営業だけでなく、RMA(返品保証)や現地の法規に対応するための設計変更や付属品の変更などまでサポート。顧客の要望によっては、展示会対応やWebサイト制作などの相談にも応じる考えだ。

photo

DMM.comは、ハードウェア系ベンチャー向けの開発拠点「DMM.make AKIBA」を開設するなど、これまでもハードウェア系ベンチャーを支援してきた。そして支援の範囲を流通・販売にまで広げるため、2016年1月にDMM.make Distribution部門を新設。2月9日から本格的に事業を開始する運びとなった。

現時点で、アメリカ、ヨーロッパ、インド、ドバイ、中国、香港に営業拠点を確保。アメリカ拠点がカナダを、インドとドバイの拠点が中東をカバーし、世界の主要エリアで製品を流通できる体制が整っているという。なお、インドとドバイは提携会社を介しての支援となり、日本国内向けの流通・販売支援にも対応するとしている。

photo

ハードウェア系ベンチャーからの問い合わせや相談には、無料で対応する。実際に製品を流通・販売した金額から手数料が発生する料金モデルとなる。

既に国内家電販売店向けの流通・販売支援という形で、UPQ、Cerevo、ZaaZ、Spoon GLOWEAR、zecOOなどがDMM.make Distributionの流通・販売サポートを利用しているという。

photo DMM.make Distributionについて説明する板谷稔シニアバイスプレジデント
photo 記者会見に登場したCerevoの岩佐琢磨代表取締役

その中でもCerevoは、これまでの海外向け流通・営業活動から得た同社のノウハウを生かし、技術面でDMM.make Distributionをサポートすると表明。DMM.make Distributionの支援を受け、Cerevoのスマート・スノーボード・バインディング「XON SNOW-1」がドバイにある世界最大の室内スキー場「スキー・ドバイ」に併設のショッピングモールで販売開始になったことも明らかにした。

また、輸入型販売代理店業務の取り組みの一環として、「DMM.make BASIC」ブランドでライトニングケーブル、MicroUSBケーブル、HDMIケーブルなどを販売開始することも合わせて発表している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ほぼ全てのラズパイに対応——ラズパイ向け通信ボード「CANDY Pi Lite」専用ケース発売へ
  2. ムーアの法則の限界を超える次世代技術——グラフェンなどの2D材料スピントロニクスに注目
  3. 造形スピードの速さとコスパの良さ——FFF方式3Dプリンター「LOTMAXX SC-10 SHARK」
  4. 網膜投影ヘッドマウントディスプレイ「RETISSA Display」シリーズのレンタル/モニター販売を開始
  5. マスク装着による不快感を緩和、マスクに着ける立体インナーマスク改良版発売へ
  6. オンラインでの子ども向けプログラミング道場から、ニキシー管とRaspberry Piを使った時計製作のワークショップまで(7月4日~)
  7. フラットな鍵盤で新たな演奏スタイルを——タッチキーボードシンセサイザー「FingerPhone」
  8. Raspberry Piベースのラップトップ型電子工作キット「CrowPi2」
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 頭部全体のイメージングを可能にするウェアラブル脳スキャナーを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る