新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D Hubs 3Dプリンタトレンド2月版、MakerBotが初の登録3000台突破

3Dプリンタ共有ネットワークサービス「3D Hubs」に登録された3Dプリンタをもとにした調査レポート(2月版)が発表された。登録プリンタは2万6500台以上で前回(2016年1月版)から1500台増。メーカー別シェア首位のMakerBotが、初めて登録3000台を突破した。

2月のメーカー(ブランド)別シェアは、MakerBotが14.0%(前月比0.4ポイント減)で1位となったが、2位のUltimakerが13.9%(同0.3ポイント減)と肉薄している。3位に3D Systemsが6.5%(同0.1ポイント減)で続く。それ以降は4位がStratasysで5.1%(同±0)、5位がFlashForgeで4.8%(同0.2ポイント増)、6位がPrintrbotで4.2%(同±0)、7位がFormlabsで3.7%(同0.1ポイント減)、8位がZortraxで3.4%(同0.1ポイント増)、9位がXYZprintingで3.2%(同0.1ポイント増)だった。

photo

3Dプリンタのモデル別シェアは、「Prusa i3」が7.9%(前月比0.1ポイント増)で先月からの首位を維持。先月首位を明け渡した「Ultimaker 2」は2位の7.7%(同0.1ポイント減)で、差は0.2ポイントに広がった。3位以降は「Replicator 2」が5.3%(同0.1ポイント減)、4位の「Replicator 2x」は3.1%(同±0)、5位の「Zortrax M200」は2.8%(同±0)となった。6位以下は「Ultimaker 1」2.6%(同0.1ポイント減)、「RepRap」2.5%(同0.1ポイント減)、「Form1+」2.4%(同0.1ポイント減)、「FrashForge Creator Pro」2.1%(同0.1ポイント増)、「Printrbot Simple Metal」1.7%(同±0)であり、1~10位まで前月と変わらない結果となった。

photo

人気の3Dプリンタ用素材に関する平均購入価格調査では、よく利用される樹脂はPLAが31.4ドル(約3600円)、ABSが34.2ドル(約3930円)、レジンが50.7ドル(約5820円)でほぼ先月と同じだった。一方で、産業用プリンタでの利用が多い素材は値を下げており、SLS方式用のナイロンは79.6ドル(約9140円)で前月比1.6ドル(約184円)安、PolyJetは89.3ドル(約1万300円)で同4.1ドル(約471円)安、フルカラーサンドストーンは97.7ドル(約1万1200円)で同0.7ドル(約80円)安となった。

photo

3D Hubsはオランダに本拠を持つ3Dプリンタ共有サービスで、所有者が自分の3Dプリンタを登録し、ユーザーは3D Hubsのサービス経由で、最寄りの3Dプリンタから出力できる。記事執筆時点の3Dプリンタ登録数は2万6535台、150カ国以上に広がっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る