新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D Hubs 3Dプリンタトレンド2月版、MakerBotが初の登録3000台突破

3Dプリンタ共有ネットワークサービス「3D Hubs」に登録された3Dプリンタをもとにした調査レポート(2月版)が発表された。登録プリンタは2万6500台以上で前回(2016年1月版)から1500台増。メーカー別シェア首位のMakerBotが、初めて登録3000台を突破した。

2月のメーカー(ブランド)別シェアは、MakerBotが14.0%(前月比0.4ポイント減)で1位となったが、2位のUltimakerが13.9%(同0.3ポイント減)と肉薄している。3位に3D Systemsが6.5%(同0.1ポイント減)で続く。それ以降は4位がStratasysで5.1%(同±0)、5位がFlashForgeで4.8%(同0.2ポイント増)、6位がPrintrbotで4.2%(同±0)、7位がFormlabsで3.7%(同0.1ポイント減)、8位がZortraxで3.4%(同0.1ポイント増)、9位がXYZprintingで3.2%(同0.1ポイント増)だった。

photo

3Dプリンタのモデル別シェアは、「Prusa i3」が7.9%(前月比0.1ポイント増)で先月からの首位を維持。先月首位を明け渡した「Ultimaker 2」は2位の7.7%(同0.1ポイント減)で、差は0.2ポイントに広がった。3位以降は「Replicator 2」が5.3%(同0.1ポイント減)、4位の「Replicator 2x」は3.1%(同±0)、5位の「Zortrax M200」は2.8%(同±0)となった。6位以下は「Ultimaker 1」2.6%(同0.1ポイント減)、「RepRap」2.5%(同0.1ポイント減)、「Form1+」2.4%(同0.1ポイント減)、「FrashForge Creator Pro」2.1%(同0.1ポイント増)、「Printrbot Simple Metal」1.7%(同±0)であり、1~10位まで前月と変わらない結果となった。

photo

人気の3Dプリンタ用素材に関する平均購入価格調査では、よく利用される樹脂はPLAが31.4ドル(約3600円)、ABSが34.2ドル(約3930円)、レジンが50.7ドル(約5820円)でほぼ先月と同じだった。一方で、産業用プリンタでの利用が多い素材は値を下げており、SLS方式用のナイロンは79.6ドル(約9140円)で前月比1.6ドル(約184円)安、PolyJetは89.3ドル(約1万300円)で同4.1ドル(約471円)安、フルカラーサンドストーンは97.7ドル(約1万1200円)で同0.7ドル(約80円)安となった。

photo

3D Hubsはオランダに本拠を持つ3Dプリンタ共有サービスで、所有者が自分の3Dプリンタを登録し、ユーザーは3D Hubsのサービス経由で、最寄りの3Dプリンタから出力できる。記事執筆時点の3Dプリンタ登録数は2万6535台、150カ国以上に広がっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る