新しいものづくりがわかるメディア

RSS


攻殻機動隊の多脚思考戦車「タチコマ」の再現を目指すプロジェクト2件が始動

「攻殻機動隊」に登場した「義体」「電脳」「光学迷彩」などのテクノロジーの実現を目指すプロジェクト「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」は、小型多脚思考戦車「タチコマ」を現実世界で再現する2つのプロジェクトを発表した。

1つ目は、karakuri products、海内工業などによる「タチコマ 1/2サイズ・リアライズプロジェクト」。karakuri productsと海内工業により2015年に始動した「多脚ロボットプロジェクト」で開発された2次試作機「MUSASHI」がプロモーションの一環として採用され、公式に開発を進めることになった。設計・開発・製造をkarakuri productsと海内工業が担当する。

photo 2次試作機「MUSASHI」

もう1つは、Cerevoによる「動くタチコマ量産化プロジェクト」。同社はアニメやゲームなどに登場するアイテムを、家電のテクノロジーを使って可能な限り再現するプロジェクト「S2R(From screen to the real world)」を推し進めており、これが第2弾となる。作中と同様に、電動式の自立歩行か車輪による走行を基本とし、スマートフォンやインターネットと連携する機能を搭載。1/10程度のスケールで再現する方針だ。価格を含め、仕様の詳細は非公開。開発が進んだ段階で発表していくとしている。

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  3. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  4. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  5. IoTBASE、次世代LPWAN通信規格「ZETA」に対応したIoTトライアルパック提供開始
  6. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩
  7. 超広角カメラを内蔵——Makeblock、デスクトップ型レーザーカッター「Laserbox」の国内販売を開始
  8. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  9. シンプルな構造で組み立て簡単——Arduino搭載のミニロボットアームキット「LittleArm V3」
  10. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る