新しいものづくりがわかるメディア

RSS


8種類のセンサが使えるArduino対応センサシールドキット「SensorShield-EVK-001」

ロームは、ArduinoやLazurite、mbedなどのワンボードマイコン用に、加速度、気圧、地磁気など8種類のセンサモジュールを搭載できるセンサシールドキット「SensorShield-EVK-001」を発売した。

photo

SensorShield-EVK-001には、ロームグループが量産するセンサ8製品を実装したモジュールが含まれており、必要なモジュールを載せたシールドをArduino Unoなどに接続してソフトウェアを組めば、簡単に加速度や気圧などのセンサデータが測定できる。

こうしたセンシングを実現するために必要なドキュメントやサンプルコードも同社のホームページで公開されており、センサデバイスの評価目的にはもちろん、センサデータを利用するIoT機器開発にも活用できるとしている。

photo

SensorShield-EVK-001に含まれているセンサの種類と品番は以下の通り。

  • 加速度センサ:KX022-1020
  • 気圧センサ:BM1383GLV
  • 地磁気センサ:BM1422GMV
  • 照度近接センサ:RPR-0521RS
  • カラーセンサ:BH1745NUC
  • ホールIC(磁気センサ):BD7411G
  • 温度センサ:BD1020HFV
  • 紫外線センサ:ML8511

また、以下のセンサモジュールを開発中だという。

  • ジャイロセンサ:KXG03
  • 10軸モーションモジュール:KX022/BM1383/BM1422/KXG03

SensorShield-EVK-001は、チップワンストップおよびコアスタッフからインターネット販売されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 毎秒4万回でさくさくカット——ポータブル超音波カッター「WONDERCUTTER」
  2. サンワサプライ、Windows10 IoT Coreに特化した「Raspberry Piセンサーキット」を発売
  3. リアルな世界で本人視点シューティングゲームを——FPS対戦型ロボット玩具「GEIO」
  4. 15万円で高精度精密加工が可能——デスクトップ型CNCフライス「Routakit M」
  5. 自分でゲームを作ろう——Raspberry Piを使ったゲームコンソール「Pip」
  6. 米Techshop、11月15日に倒産——海外拠点には影響なし
  7. 小型なのに高精細——デスクトップにおけるSLA方式小型3Dプリンター「PLUTO」
  8. アルテック、米Desktop Metalの金属3Dプリンター「Studioシステム」の国内販売開始
  9. その数なんと6000種類! 懐かし&希少な「アクリル」に、Maker時代の価値を見た
  10. ディスプレイ用ワイヤレス給電システム「X-BASE」シリーズ、ハピネットから一般販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る