新しいものづくりを応援するメディア

RSS


8種類のセンサが使えるArduino対応センサシールドキット「SensorShield-EVK-001」

ロームは、ArduinoやLazurite、mbedなどのワンボードマイコン用に、加速度、気圧、地磁気など8種類のセンサモジュールを搭載できるセンサシールドキット「SensorShield-EVK-001」を発売した。

photo

SensorShield-EVK-001には、ロームグループが量産するセンサ8製品を実装したモジュールが含まれており、必要なモジュールを載せたシールドをArduino Unoなどに接続してソフトウェアを組めば、簡単に加速度や気圧などのセンサデータが測定できる。

こうしたセンシングを実現するために必要なドキュメントやサンプルコードも同社のホームページで公開されており、センサデバイスの評価目的にはもちろん、センサデータを利用するIoT機器開発にも活用できるとしている。

photo

SensorShield-EVK-001に含まれているセンサの種類と品番は以下の通り。

  • 加速度センサ:KX022-1020
  • 気圧センサ:BM1383GLV
  • 地磁気センサ:BM1422GMV
  • 照度近接センサ:RPR-0521RS
  • カラーセンサ:BH1745NUC
  • ホールIC(磁気センサ):BD7411G
  • 温度センサ:BD1020HFV
  • 紫外線センサ:ML8511

また、以下のセンサモジュールを開発中だという。

  • ジャイロセンサ:KXG03
  • 10軸モーションモジュール:KX022/BM1383/BM1422/KXG03

SensorShield-EVK-001は、チップワンストップおよびコアスタッフからインターネット販売されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Wi-Fi搭載のIoT向けLinuxコンピュータ「Omega2」
  2. 経済産業省に聞く——日本のハードウェアスタートアップに立ちはだかる3つの課題とは
  3. 3万円台で金属パーツを採用——FFF方式3Dプリンタ「Trinus」発売
  4. XYZプリンティング、3Dプリンタの新シリーズ「ダヴィンチ miniシリーズ」発売
  5. Raspberry Piの拡張ボード「Apple Pi」、IoT実験用コンピュータの製作を可能に
  6. Raspberry PiとPiカメラで自動運転——ロボットカーレース「Formula Pi」開催
  7. 「Raspberry Pi Zero」の新版「V1.3」、カメラモジュールとの接続が可能に
  8. Raspberry Pi 3を使った自作IoT体験キット「KURO-IOTEXP/KIT3」
  9. 自宅の天気をリアルタイムに公開できる——パーソナルお天気カメラ「SKY2/STORM」
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る