新しいものづくりを応援するメディア

RSS


武藤工業、3Dプリンタによる生体模型出力サービスと医療用3Dモデリングソフト「CMMed」を提供

武藤工業は、医療分野向け技術開発などを手掛けるアールテックと業務提携し、3Dプリンタによる生体模型出力サービスと、医療用3Dモデリングソフトウェア「CMMed」の提供を開始した。

武藤工業が手掛ける出力サービスでは、水に溶けない特殊な石膏を使うことで、実際の生体により近い感触をもつ「生体レプリカ」を造形できる。また、樹脂や通常の石膏を用いて人体のさまざまな部位のモデル造形も可能だ。

生体レプリカにより、模擬手術、手技の向上、2D画像の3D化による認識度の向上が可能となる。また、患者データをもとに生体レプリカを作成し用いることで術前のシミュレーションに役立つという。

photo

CMMedは、CTやMRIなどのDICOM画像をもとに、臓器や血管のモデリングをするための医療用3Dモデリングソフトウェアだ。個別患者の撮像データを取り込み、画面上で関心領域を抽出し、3Dモデリングして造形データに変換できる。

CMMedは年間使用料を支払う方式で提供され、使用料は年間60万円(税別)の予定。初年度は500本の販売を目指している。

造形出力サービスは、生体レプリカの大きさと複雑さ、数量により価格が変動する。モデリング作業は含まず、1個3~4万円から提供の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 【2016年版】日本のファブ施設調査——前年比で50%増! 大規模施設から地域コミュニティまで続々増え続ける現状
  2. 高精度な3Dモデルを低価格で作成——市販3Dスキャナの性能が大幅に向上する「Rabbit Scanner」
  3. 小型軽量でシンプル——付加機能を排すも高性能な低価格3Dプリンタ「Blocks Zero」
  4. 高精細なSLA方式3Dプリンタ/レーザー刻印兼用機「SafFire」
  5. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  6. 「Ogaki Mini Maker Faire 2016」岐阜県大垣市で12月3日、4日に開催決定
  7. これでフィラメント切れも大丈夫——3Dプリンタフィラメントセンサ「SENTINEL」
  8. IoT機器の試作に必要な諸機能を一つの基板に搭載したArduinoシールド「ARMA IoT」
  9. トップダウンで造形するDLP光源SLA方式3Dプリンタ「L2S」
  10. 22万円台の光造形3Dプリンタ「ノーベル 1.0」はどこまで使えるか——実機レビュー

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る