新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、RAM容量32kBのBLE開発ボード「mbed TY51822r3」を発売

スイッチサイエンスは、Bluetooth Low Energy(BLE)開発ボード「Switch Science mbed TY51822r3」を2016年2月24日に発売する。

Switch Science mbed TY51822r3は、ARMによるIoT促進プロジェクトARM mbedのIoTデバイス開発プラットフォーム「mbed」に対応している。

同製品は、スイッチサイエンスが2014年に開発したmbed対応のBLE開発ボード「mbed HRM1017」の後継機に当たる。従来機では16kBだったRAM容量が32kBに増えたため、IPv6プロトコルを使用したアプリケーションが実行できるようになった。

またBLEモジュールとして、総務省の工事設計認証を取得した太陽誘電のEYSGCNZWYを搭載している。

搭載チップはNordic Semiconductor nRF51822、LFCLKは32kHz、インターフェースはSPI/UART/I2C/GPIOなど、本体サイズは17.7×45.0×5.3mmだ。電子工作やIoT機器のプロトタイプ、研究開発などさまざまな用途に対応できるようピンヘッダは付属していない。

なお、同製品はスイッチサイエンスWebサイトで購入可能。価格は4730円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る