新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ハッカソンから誕生、センサで技の種類を自動認識するIoTけん玉「電玉」

au未来研究所が主催する「au未来研究所ハッカソン」で生まれたIoTけん玉が、「電玉」として商品化され、クラウドファンディング「Makuake」にて先行発売される。

photo

「高齢者のコミュニケーションを変えたい」という思いが、IoTけん玉のアイデアにつながったという。その後、au未来研究所ハッカソンで評価されたアイデアをさらに発展させたものがKDDI∞Laboハードウェアプログラム1期に採択され、商品化する運びとなった。

photo

電玉は、玉が皿のどこに乗ったのかが分かるセンサに加え、けん玉の動き、傾きが分かるセンサを搭載し、スマートフォンアプリと連動して技の種類を自動認識する。

また対戦プレイなどで出した技の相手へのダメージを表現するため、LEDや振動モータを搭載している。

photo

2人対戦として、アプリ画面に記載された技を3回成功させると自分の陣地となりポイントが入る「ジンダッシュ」という対戦ゲームも用意されている。

photo

本体部分の重さが90g、玉が100gのABS樹脂製。アプリはiOS7以上、Android4.4以上に対応している。

販売予定価格は1万3000円(税別)で、割安な先行販売についてはすでに完売しているコースもある。発送は2016年10月を予定している。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  6. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  7. レーザー刻印機やCNC彫刻機に——1台3役の全金属製3Dプリンタ「Snapmaker」
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. 独SIEMENSの産業用IoTゲートウェイ、Arduinoストアでも販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る