新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ハッカソンから誕生、センサで技の種類を自動認識するIoTけん玉「電玉」

au未来研究所が主催する「au未来研究所ハッカソン」で生まれたIoTけん玉が、「電玉」として商品化され、クラウドファンディング「Makuake」にて先行発売される。

photo

「高齢者のコミュニケーションを変えたい」という思いが、IoTけん玉のアイデアにつながったという。その後、au未来研究所ハッカソンで評価されたアイデアをさらに発展させたものがKDDI∞Laboハードウェアプログラム1期に採択され、商品化する運びとなった。

photo

電玉は、玉が皿のどこに乗ったのかが分かるセンサに加え、けん玉の動き、傾きが分かるセンサを搭載し、スマートフォンアプリと連動して技の種類を自動認識する。

また対戦プレイなどで出した技の相手へのダメージを表現するため、LEDや振動モータを搭載している。

photo

2人対戦として、アプリ画面に記載された技を3回成功させると自分の陣地となりポイントが入る「ジンダッシュ」という対戦ゲームも用意されている。

photo

本体部分の重さが90g、玉が100gのABS樹脂製。アプリはiOS7以上、Android4.4以上に対応している。

販売予定価格は1万3000円(税別)で、割安な先行販売についてはすでに完売しているコースもある。発送は2016年10月を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 毎秒4万回でさくさくカット——ポータブル超音波カッター「WONDERCUTTER」
  2. サンワサプライ、Windows10 IoT Coreに特化した「Raspberry Piセンサーキット」を発売
  3. リアルな世界で本人視点シューティングゲームを——FPS対戦型ロボット玩具「GEIO」
  4. 15万円で高精度精密加工が可能——デスクトップ型CNCフライス「Routakit M」
  5. 自分でゲームを作ろう——Raspberry Piを使ったゲームコンソール「Pip」
  6. 米Techshop、11月15日に倒産——海外拠点には影響なし
  7. 小型なのに高精細——デスクトップにおけるSLA方式小型3Dプリンター「PLUTO」
  8. アルテック、米Desktop Metalの金属3Dプリンター「Studioシステム」の国内販売開始
  9. その数なんと6000種類! 懐かし&希少な「アクリル」に、Maker時代の価値を見た
  10. ディスプレイ用ワイヤレス給電システム「X-BASE」シリーズ、ハピネットから一般販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る