新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ハッカソンから誕生、センサで技の種類を自動認識するIoTけん玉「電玉」

au未来研究所が主催する「au未来研究所ハッカソン」で生まれたIoTけん玉が、「電玉」として商品化され、クラウドファンディング「Makuake」にて先行発売される。

photo

「高齢者のコミュニケーションを変えたい」という思いが、IoTけん玉のアイデアにつながったという。その後、au未来研究所ハッカソンで評価されたアイデアをさらに発展させたものがKDDI∞Laboハードウェアプログラム1期に採択され、商品化する運びとなった。

photo

電玉は、玉が皿のどこに乗ったのかが分かるセンサに加え、けん玉の動き、傾きが分かるセンサを搭載し、スマートフォンアプリと連動して技の種類を自動認識する。

また対戦プレイなどで出した技の相手へのダメージを表現するため、LEDや振動モータを搭載している。

photo

2人対戦として、アプリ画面に記載された技を3回成功させると自分の陣地となりポイントが入る「ジンダッシュ」という対戦ゲームも用意されている。

photo

本体部分の重さが90g、玉が100gのABS樹脂製。アプリはiOS7以上、Android4.4以上に対応している。

販売予定価格は1万3000円(税別)で、割安な先行販売についてはすでに完売しているコースもある。発送は2016年10月を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  5. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  6. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  7. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  8. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  9. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  10. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る