新しいものづくりがわかるメディア

RSS


光造形3Dプリンタ「Ember」が通常の24倍速、1時間に440mmの高速造形を達成

光造形方式3Dプリンタ「Ember」の造形速度を約24倍速める実験に成功したとAutodeskが公表した。詳細については「Instructables」で発表している。

Emberは、25μmの積層ピッチで一層ごとにプリントするプロセスを採用。一層当たりのプリントに2~3秒ほどかかるため、Emberの造形速度は通常時で1時間当たり18mmとなっている。

AutodeskがEmberの造形速度を上げるために取った方法は主に2つだ。まず、上記プロセスの設定を変更し、積層ピッチを250μmに変更。次に、従来品の造形樹脂「PR48-clear」よりも硬化速度が速い「PR48-high speed」を開発した。

その他にもプリント設定などを調整した結果、Emberは1時間当たり440mmの高速プリントを達成。通常速度の1時間当たり18mmに比べて、約24倍に造形速度を向上させた。

なおAutodeskによると、この方法で製作できるのは今のところ、厚みのない格子状の造形物だけだという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る