新しいものづくりがわかるメディア

RSS


光造形3Dプリンタ「Ember」が通常の24倍速、1時間に440mmの高速造形を達成

光造形方式3Dプリンタ「Ember」の造形速度を約24倍速める実験に成功したとAutodeskが公表した。詳細については「Instructables」で発表している。

Emberは、25μmの積層ピッチで一層ごとにプリントするプロセスを採用。一層当たりのプリントに2~3秒ほどかかるため、Emberの造形速度は通常時で1時間当たり18mmとなっている。

AutodeskがEmberの造形速度を上げるために取った方法は主に2つだ。まず、上記プロセスの設定を変更し、積層ピッチを250μmに変更。次に、従来品の造形樹脂「PR48-clear」よりも硬化速度が速い「PR48-high speed」を開発した。

その他にもプリント設定などを調整した結果、Emberは1時間当たり440mmの高速プリントを達成。通常速度の1時間当たり18mmに比べて、約24倍に造形速度を向上させた。

なおAutodeskによると、この方法で製作できるのは今のところ、厚みのない格子状の造形物だけだという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  2. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  3. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  4. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  5. 造形物にUVプリンターでダイレクト印刷——ミマキエンジニアリング、FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」発売
  6. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  7. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  8. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売
  9. 独フラウンホーファーIWU、スクリュー押出式高速3Dプリンター「SEAM」を発表
  10. 重量わずか10g——鳥のように羽ばたいて飛ぶ小型ドローン「MetaFly」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る