新しいものづくりがわかるメディア

RSS


光造形3Dプリンタ「Ember」が通常の24倍速、1時間に440mmの高速造形を達成

光造形方式3Dプリンタ「Ember」の造形速度を約24倍速める実験に成功したとAutodeskが公表した。詳細については「Instructables」で発表している。

Emberは、25μmの積層ピッチで一層ごとにプリントするプロセスを採用。一層当たりのプリントに2~3秒ほどかかるため、Emberの造形速度は通常時で1時間当たり18mmとなっている。

AutodeskがEmberの造形速度を上げるために取った方法は主に2つだ。まず、上記プロセスの設定を変更し、積層ピッチを250μmに変更。次に、従来品の造形樹脂「PR48-clear」よりも硬化速度が速い「PR48-high speed」を開発した。

その他にもプリント設定などを調整した結果、Emberは1時間当たり440mmの高速プリントを達成。通常速度の1時間当たり18mmに比べて、約24倍に造形速度を向上させた。

なおAutodeskによると、この方法で製作できるのは今のところ、厚みのない格子状の造形物だけだという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  3. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  4. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  5. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る