新しいものづくりがわかるメディア

RSS


専門家が使用するのと同様のツール群を搭載した遺伝子解析キット「Bento Lab」

専門家が普段使用するのと同様のツール群を搭載した遺伝子解析キット「Bento Lab」がKickstarterに登場した。同製品を用いれば、分子生物学の専門家でなくとも手軽にDNAを調べられるという。

photo

Bento Labは、持ち運び可能なほどコンパクトな本体に、生体試料からDNAを抽出する遠心分離機、DNAの特定部分を複製するPCRサーマルサイクラー、DNAを可視化するためのゲル電気泳動ユニットやトランスイルミネーターを備えている。

これらのツールを使えば、例えばPTC味覚能や運動能力に影響するACTN3などの分析が可能になるほか、食物の成分などを分子レベルで調べられるようになる。

photo

なお開発元は、遺伝子解析の知識や必要器具を持たない人のために、オプションでスターターキットを提供する。スターターキットは、分子生物学を基礎から学べる小冊子や、Skypeを利用した最低6ヶ月のサポートのほか、ピペットや試薬などを含んでいる。

Bento Labは2016年4月22日までクラウドファンディングを実施。3月25日時点では、目標額の4万ポンド(約640万円)を超える約4万3000ポンド(約688万円)を集めている。

販売価格はBento Labが699ポンド(約11万2000円)で、スターターキットが149ポンド(約2万4000円)だ。出荷は2016年11月の予定。日本への送料はBento Labが35ポンド(約5600円)で、スターターキットが12ポンド(約1900円)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——ラズパイでAI技術に触れる
  2. 紙で銃を作るアーティスト長谷川学——金属の質感を紙で表現する超絶技法から生まれた世界観
  3. 明治大学、高密度な「毛」を3Dプリントする技術を開発
  4. Raspberry Pi Zero用多機能拡張ボード「Pi Zero USB Docking Hub」
  5. コーレル、汎用CADソフトの最新版「CorelCAD 2018」発売
  6. ギャルがワイヤレスLEDを使い倒したら、バイブスが高まりすぎた #XBASE
  7. アルミボディで6タイプに変形——Arduinoで動くロボットDIYキット「Qoopers」
  8. 山口から世界へ——折りたたみ式電動アシスト自転車「e-ANBAI」
  9. 最高の回し心地を目指す——日本の町工場が1/100mmの精度にこだわったハンドスピナー
  10. ハイブリッドデュオフォニックシンセサイザーDIYキット「HANSY1010」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る