新しいものづくりがわかるメディア

RSS


専門家が使用するのと同様のツール群を搭載した遺伝子解析キット「Bento Lab」

専門家が普段使用するのと同様のツール群を搭載した遺伝子解析キット「Bento Lab」がKickstarterに登場した。同製品を用いれば、分子生物学の専門家でなくとも手軽にDNAを調べられるという。

photo

Bento Labは、持ち運び可能なほどコンパクトな本体に、生体試料からDNAを抽出する遠心分離機、DNAの特定部分を複製するPCRサーマルサイクラー、DNAを可視化するためのゲル電気泳動ユニットやトランスイルミネーターを備えている。

これらのツールを使えば、例えばPTC味覚能や運動能力に影響するACTN3などの分析が可能になるほか、食物の成分などを分子レベルで調べられるようになる。

photo

なお開発元は、遺伝子解析の知識や必要器具を持たない人のために、オプションでスターターキットを提供する。スターターキットは、分子生物学を基礎から学べる小冊子や、Skypeを利用した最低6ヶ月のサポートのほか、ピペットや試薬などを含んでいる。

Bento Labは2016年4月22日までクラウドファンディングを実施。3月25日時点では、目標額の4万ポンド(約640万円)を超える約4万3000ポンド(約688万円)を集めている。

販売価格はBento Labが699ポンド(約11万2000円)で、スターターキットが149ポンド(約2万4000円)だ。出荷は2016年11月の予定。日本への送料はBento Labが35ポンド(約5600円)で、スターターキットが12ポンド(約1900円)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  4. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  5. PCBマスクが手軽にできる——回路パターン転写用プリンター「Litho」
  6. USBにつなぐだけで、映画館の感動を完全再現——東北産ポータブルスピーカー「OVO」
  7. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  8. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  9. 日本の加工技術の高さが映えるクールなチタン製毛抜き「Tweezers of Legend」
  10. ロボットへの好奇心を刺激する——ロボットプログラミングが学べる3輪ロボットキット「Robby」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る