新しいものづくりがわかるメディア

RSS


専門家が使用するのと同様のツール群を搭載した遺伝子解析キット「Bento Lab」

専門家が普段使用するのと同様のツール群を搭載した遺伝子解析キット「Bento Lab」がKickstarterに登場した。同製品を用いれば、分子生物学の専門家でなくとも手軽にDNAを調べられるという。

photo

Bento Labは、持ち運び可能なほどコンパクトな本体に、生体試料からDNAを抽出する遠心分離機、DNAの特定部分を複製するPCRサーマルサイクラー、DNAを可視化するためのゲル電気泳動ユニットやトランスイルミネーターを備えている。

これらのツールを使えば、例えばPTC味覚能や運動能力に影響するACTN3などの分析が可能になるほか、食物の成分などを分子レベルで調べられるようになる。

photo

なお開発元は、遺伝子解析の知識や必要器具を持たない人のために、オプションでスターターキットを提供する。スターターキットは、分子生物学を基礎から学べる小冊子や、Skypeを利用した最低6ヶ月のサポートのほか、ピペットや試薬などを含んでいる。

Bento Labは2016年4月22日までクラウドファンディングを実施。3月25日時点では、目標額の4万ポンド(約640万円)を超える約4万3000ポンド(約688万円)を集めている。

販売価格はBento Labが699ポンド(約11万2000円)で、スターターキットが149ポンド(約2万4000円)だ。出荷は2016年11月の予定。日本への送料はBento Labが35ポンド(約5600円)で、スターターキットが12ポンド(約1900円)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. ディスプレイの中に3Dイメージが浮かび上がる——3D疑似ホログラムディスプレイ「Looking Glass」
  4. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  5. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 断面の角度設定や円形切り出しも可能——万能カッターツール「Perfect Cut」
  10. グローバルシャッターや赤外線カメラにも——着脱式のマシンビジョンカメラ「OpenMV Cam H7」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る