新しいものづくりがわかるメディア

RSS


格安レーザーカッター機「FABOOL Laser Mini」、クラウドファンディング初日1200万円を突破

smartDIYsが4月12日開始した低価格デスクトップレーザーカッター後継機となる「FABOOL Laser Mini」のクラウドファンディングが、開始初日で1200万円を突破した。

photo

FABOOL Laser Miniは、5万円台の低価格ながら、個人での趣味のものづくりから企業でのプロトタイピングまで対応する組み立て式デスクトップレーザー加工機だ。従来機に比べて組み立て時間の短縮や基板処理スピードの向上などの改良が加えられている。

スーパーアーリーバード価格での購入が可能になる事前登録キャンペーンには1100件以上の申し込みがあり、READYFORでのクラウドファンディング開始後、わずか26分で目標金額の100万円を達成。開始初日で支援金額が1200万円を超え、250人以上が支援している。

photo 最大1.5×1.5mまで10cm単位でフレームサイズを指定できる特注サイズFABOOL Laserもある。
photo 3W強のレーザーヘッド

今回のクラウドファンディングでは、大型のレーザー加工機並みの1×1mの加工エリアを確保する「拡張フレームセット」や、1.6Wの標準レーザーヘッドに対して加工時のパワーを向上させる「3W強のレーザーヘッド」の個別販売が用意されている。また、問い合わせが多かった「3W強レーザーを初めから搭載したFABOOL Laser Mini本体」についてもリターンに追加されることとなった。

2016/4/18 14:00追記
FABOOL Laser Miniはその後も支援額を伸ばし、現時点で570人から合計3000万円を超える支援を集めている。smartDIYsは早期に支援したユーザー向けの購入特典を検討しているとプロジェクト内のページで明かしている

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  2. お座りや伏せができる——リアルな犬のアクションフィギュア「スタイリッシュ ワンワン」
  3. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  4. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  5. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. KiCad 5.1攻略本が付属——CQ出版、「トランジスタ技術2019年8月号」発刊へ
  8. LED線光線で高精細スキャンニング——ジュエリー用3Dスキャナー「D3D-s」
  9. 「企業内メイカースペースは、社内外の垣根を越え、つながりを作る」Microsoft、Googleの取り組み
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る