新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dテクノロジーに特化したコワーキングスペース「Share Tech Lounge」が東京・浜松町にオープン

3Dプリントサービスを行っているアイジェットは、3Dプリンタビジネスのプロデュースを行っているスマメと業務提携し、3Dテクノロジーに特化したコワーキングスペース「Share Tech Lounge(シェアテックラウンジ)」(略称STL)を東京都港区にオープンした。

STLでは、3Dテクノロジーをテーマとして近しい利用者同士のコミュニケーションを重視。情報交換や新規ビジネスが生まれる環境を提供することで、新たな価値を生み出し、新たな市場を創造することを目的としている。会員向けオフィスエリア以外にミーティングルーム、イベントエリアを設置しているほか、隣接するアイジェットで3Dプリンタや3Dスキャナ、3Dデータ作成についての専門的な助言が受けられるとのことだ。

利用料金は利用者1人につき月額1万5000円(税別)で、そのほかに初期費用として1万5000円(税別)が必要となる。またオプションサービスとして、不在時の荷受けが月額1万円で依頼できる荷受けサービスや、入居者向けにデータ作成、修正サービスを用意している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. レゴブロック状の「音響レンズ」を使い、超指向性オーディオ・スポットライトを構築
  10. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る