新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dテクノロジーに特化したコワーキングスペース「Share Tech Lounge」が東京・浜松町にオープン

3Dプリントサービスを行っているアイジェットは、3Dプリンタビジネスのプロデュースを行っているスマメと業務提携し、3Dテクノロジーに特化したコワーキングスペース「Share Tech Lounge(シェアテックラウンジ)」(略称STL)を東京都港区にオープンした。

STLでは、3Dテクノロジーをテーマとして近しい利用者同士のコミュニケーションを重視。情報交換や新規ビジネスが生まれる環境を提供することで、新たな価値を生み出し、新たな市場を創造することを目的としている。会員向けオフィスエリア以外にミーティングルーム、イベントエリアを設置しているほか、隣接するアイジェットで3Dプリンタや3Dスキャナ、3Dデータ作成についての専門的な助言が受けられるとのことだ。

利用料金は利用者1人につき月額1万5000円(税別)で、そのほかに初期費用として1万5000円(税別)が必要となる。またオプションサービスとして、不在時の荷受けが月額1万円で依頼できる荷受けサービスや、入居者向けにデータ作成、修正サービスを用意している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る