新しいものづくりがわかるメディア

RSS


子どもでもプログラミングできる組み立て式昆虫型ロボット「Antbo」

組み立て式昆虫型ロボット「Antbo」のプロジェクトがIndiegogoに登場した。モジュール化されたキット構成で、子どもでも1時間程度で組み立てられるという。

Bluetoothでリモート制御できる専用アプリが用意されており、組み立てるだけですぐに動かすことができる。通信可能距離は最大で15m程度だ。また、ボイスコントロール機能や、アプリの「path control mode」を使っても歩行を制御できる。

光センサ、距離センサ、タッチセンサ、ステレオサウンドセンサなどを備えているが、開発元はさらにセンサモジュールの追加も可能だとしている。

また、子どもでもプログラミングができるよう、学習向けプログラム言語に対応しているのが特徴だ。独自のビジュアルプログラミング言語「WhenDo」と「Scratch」をサポートしており、「Arduino IDE」にも対応している。プログラムしたコードはBluetooth経由でAntbo本体に送信して実行する。Antboが取得したセンサデータをクラウドにアップロードするような応用もできる。

Antboの本体サイズは223×125×152mmで、重量は209g。単4電池4本で作動し、電池残量が10%を切ればLEDで知らせてくれる。また、電池残量は専用アプリでも確認できる。

AntboはIndiegogoでクラウドファンディング中。現時点で、目標額5万ドル(約556万円)に対し1万9000ドル(約210万円)以上を集めている。今なら、20%の早期割引対象分が69ドル(約7670円)で入手可能。11月の出荷開始を予定している。20ドル(約2220円)で日本への出荷が可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派
  2. 豊富なI/Oでオートメーションができる——Raspberry Pi4搭載AIカメラ「Vizy」
  3. 2万8000年作動するダイヤモンド電池の実現に向けて——核廃棄物が原料
  4. JAXAの研究成果を活用——自ら起き上がり頂点で立つ立方体「三軸姿勢制御モジュール」
  5. 軽量ダイレクトエクストルーダー搭載——高品位な高速造形が可能なFFF方式3Dプリンター「BIQU BX」
  6. リモートエピタキシャル成長でフレキシブルなマイクロLEDを製造する手法を開発
  7. 電池無しでLEDが光る——FLASH iPhone 12シリーズ用ケース「東京回路線図」発売
  8. 翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功
  9. 宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今
  10. 立ち仕事の負荷を軽減——工場向けのアシストスーツ「archelis for Factory」提供開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る