新しいものづくりがわかるメディア

RSS


MakerBot、3Dプリンタの生産をJabilに委託へ

米MakerBotは4月25日付の自社ブログで、3Dプリンタの国内自社生産を終了し、EMS(電子機器製造受託サービス)事業を展開する米Jabil Circuitへの委託に切り替えると発表した。

MakerBotは2009年の設立以来、国内生産にこだわりニューヨークで3Dプリンタを生産してきた。2015年7月には従業員数約140人、敷地面積17万平方フィートの新工場をブルックリンで立ち上げていた。

MakerBotのジョナサン・ジャグロムCEO(最高経営責任者)は、Jabil Circuitと協力することで3Dプリンタ市場の急激な変化に対応し、効率よくグローバルに事業展開していくことを目指すとしている。

3Dプリンタ市場は2019年には202億ドル(約2兆2500億円)に達するという市場調査会社Canalysの予測もある。MakerBotはグローバルに急拡大する需要に対応するための体制づくりに迫られ、自社のニューヨーク工場を閉鎖し、生産関連の固定費を削減するとともに、市場の需要変化に対して迅速に対応できるフレキシブルな生産体制に移行したい考えだ。

Jabil Circuitへの生産移管は今後数カ月をかけて行われ、ロジスティクス、修理、品質領域などの一部主要人員のみを残すとしている。ジャグロムCEOは、「MakerBotが数年来蓄積した生産のスキルと知識をJabil Circuitへ受け渡すことでスムーズな移管を確かにすると同時に、Jabil Circuitの技術を3Dプリンタの品質をさらに高めるために活用したい」とコメントしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  3. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  4. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  5. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  6. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  7. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  8. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る