新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タッチ操作ができるスマホ装着型VRゴーグル「MilboxTouch」

WHITEは、ゴーグル外部へのタッチ操作でゴーグル内部に設置したスマートフォンが操作できるスマホ装着型VRゴーグル「MilboxTouch(ミルボックスタッチ)」を発売した。

photo

タッチ操作は、本体側面にある円形のTouch Interface Moduleによって実現している。これは、明治大学が開発したExtensionSticker技術を応用し、WHITEと明治大学が共同開発したもので、導電性インクで印刷された円形のパターンに指で触ることでゴーグルの上からゴーグル内部に設置したスマートフォンのタップやスクロール、スワイプなどの操作ができる。

photo

同社によると世界初となるタッチ操作による外部入力機能を持つスマホ装着型VRゴーグルの技術が認められ、テクノロジースタートアップの登竜門イベント「SXSW2016」でInteractive Innovation Awards VR&AR部門のファイナリストに選出されたほか、Microsoft Innovation AwardではTech In Asia賞を受賞した。

また、VRアプリ開発者向けに統合型ゲーム開発環境であるUnity用のSDKを提供し、今後iOSやAndroidにも対応する予定だ。さらに同社は、すべてのスマホVRゴーグルの入力方式のスタンダードになることを目指して、Touch Interface ModuleをOEM供給するとしている。

価格は2500円(税別)。ダンボール製で本体サイズは約150×85×108mmとなる。最大サイズ150×76×10.5mmまでのスマートフォンに対応する。

photo

同時に、立体的かつ360度視野で往年の人気ゲーム「パックマン」ができるMilboxTouch対応VRゲームアプリ「MilboxTouch ver. VR PAC-MAN」も発売した。こちらはAndroid版がPlayストアで300円(税込)で販売中。iOS版は5月末頃リリース予定とのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る