新しいものづくりがわかるメディア

RSS


約1万円と廉価なデルタ型3Dプリンタ「101Hero」

低価格が売りのデルタ型3Dプリンタ「101Hero」がKickstarterに登場した。同製品の希望小売価格は99ドル(約1万1000円)。49ドル(約5500円)の早期割引適用分は売り切れたが、現在74〜79ドル(約8200〜8700円)で購入可能だ。

101Heroには、初心者向けのカスタマー版と上級者向けのデザイナー&デベロッパー版がある。 カスタマー版では、3Dモデルファイルを開発者のWebサイトからSDメモリカードにダウンロードした後、ボタンを押すだけで造形を開始できる。一方、デザイナー&デベロッパー版はカスタマー版の機能に加え、Slic3rやCuraなど、オープンソースのスライサーソフトウェアを用いて3DモデルのGコードファイルを作成する機能も備えている。

主な仕様は、本体サイズが219×253×327mm、重量が1.86kg、最大造形サイズが直径150×高さ100mm、最小積層ピッチが50µm。フィラメントには、PLA、HIPS、ABSなどを使用できる。

101Heroは2016年6月17日までクラウドファンディングを実施。5月23日時点では、目標額2万ドル(約220万円)の5倍を超える11万ドル(約1210万円)以上を集めている。

早期割引適用価格はカスタマー版が74ドル(約8200円)で、デザイナー&デベロッパー版が79ドル(約8700円)。いずれも、異なる色のフィラメントが2ロール付属する。出荷はカスタマー版が11月、デザイナー&デベロッパー版が10月の予定。日本への送料はどちらも30ドル(約3300円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る