新しいものづくりがわかるメディア

RSS


約1万円と廉価なデルタ型3Dプリンタ「101Hero」

低価格が売りのデルタ型3Dプリンタ「101Hero」がKickstarterに登場した。同製品の希望小売価格は99ドル(約1万1000円)。49ドル(約5500円)の早期割引適用分は売り切れたが、現在74〜79ドル(約8200〜8700円)で購入可能だ。

101Heroには、初心者向けのカスタマー版と上級者向けのデザイナー&デベロッパー版がある。 カスタマー版では、3Dモデルファイルを開発者のWebサイトからSDメモリカードにダウンロードした後、ボタンを押すだけで造形を開始できる。一方、デザイナー&デベロッパー版はカスタマー版の機能に加え、Slic3rやCuraなど、オープンソースのスライサーソフトウェアを用いて3DモデルのGコードファイルを作成する機能も備えている。

主な仕様は、本体サイズが219×253×327mm、重量が1.86kg、最大造形サイズが直径150×高さ100mm、最小積層ピッチが50µm。フィラメントには、PLA、HIPS、ABSなどを使用できる。

101Heroは2016年6月17日までクラウドファンディングを実施。5月23日時点では、目標額2万ドル(約220万円)の5倍を超える11万ドル(約1210万円)以上を集めている。

早期割引適用価格はカスタマー版が74ドル(約8200円)で、デザイナー&デベロッパー版が79ドル(約8700円)。いずれも、異なる色のフィラメントが2ロール付属する。出荷はカスタマー版が11月、デザイナー&デベロッパー版が10月の予定。日本への送料はどちらも30ドル(約3300円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. 試作工場(東京都足立区)
  3. レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」
  4. 用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」
  5. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  6. 通常のハイスペック3Dプリンタの4倍速で出力できるという光造形3Dプリンタ「B9 Core」
  7. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  8. 筋電義手からVRに進出したexiii——これまでに得たものと、これからのこと
  9. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売
  10. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る