新しいものづくりがわかるメディア

RSS


約1万円と廉価なデルタ型3Dプリンタ「101Hero」

低価格が売りのデルタ型3Dプリンタ「101Hero」がKickstarterに登場した。同製品の希望小売価格は99ドル(約1万1000円)。49ドル(約5500円)の早期割引適用分は売り切れたが、現在74〜79ドル(約8200〜8700円)で購入可能だ。

101Heroには、初心者向けのカスタマー版と上級者向けのデザイナー&デベロッパー版がある。 カスタマー版では、3Dモデルファイルを開発者のWebサイトからSDメモリカードにダウンロードした後、ボタンを押すだけで造形を開始できる。一方、デザイナー&デベロッパー版はカスタマー版の機能に加え、Slic3rやCuraなど、オープンソースのスライサーソフトウェアを用いて3DモデルのGコードファイルを作成する機能も備えている。

主な仕様は、本体サイズが219×253×327mm、重量が1.86kg、最大造形サイズが直径150×高さ100mm、最小積層ピッチが50µm。フィラメントには、PLA、HIPS、ABSなどを使用できる。

101Heroは2016年6月17日までクラウドファンディングを実施。5月23日時点では、目標額2万ドル(約220万円)の5倍を超える11万ドル(約1210万円)以上を集めている。

早期割引適用価格はカスタマー版が74ドル(約8200円)で、デザイナー&デベロッパー版が79ドル(約8700円)。いずれも、異なる色のフィラメントが2ロール付属する。出荷はカスタマー版が11月、デザイナー&デベロッパー版が10月の予定。日本への送料はどちらも30ドル(約3300円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る