新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Raspberry Pi Zero」の新版「V1.3」、カメラモジュールとの接続が可能に

2015年11月に発表された「Raspberry Pi Zero」が、「Raspberry Pi Zero V1.3」にバージョンアップし、カメラモジュールと接続可能になった。基板サイズは以前のままだ。

photo

Raspberry Pi Zero V1.3では、基板の右端にカメラモジュール接続用のコネクタを追加した。同コネクタは、フルサイズのRaspberry Piが積むコネクタより小さい。そのため、カメラモジュールとの接続には6インチの専用ケーブルを使用する。

販売価格は、従来機と同じ5ドル(約550円)に据え置いた。カメラモジュール接続用ケーブルは、別売となる。

公式サイトからリンクされている外部ECサイトでは、専用ケーブル単体を5.95ドル(約660円)で、Raspberry Pi Zero V1.3、Camera Module V2、専用ケーブルをセットにしたパッケージを39.95ドル(約4400円)で販売中だ。なお、Camera Module V2単体の価格は29.95ドル(約3300円)。Camera Module V2は、ソニーの8メガピクセル・イメージセンサやMX219を搭載して、HDビデオやスチール写真を撮影できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  9. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る