新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プラレールと木製レールが接続できる——3Dプリンタで作られた「ワンレール」

ミリメーターは、タカラトミーのプラレールと互換性のない海外メーカーの木製レールとを接続できる「ワンレール」を発売した。

photo 白いレールが「ワンレール」

同社によると、鉄道玩具のレールには、BRIOやMICKI、トイザらス、IKEAなどの海外メーカーが販売する木製レールと、タカラトミーの販売するプラレールの2系統に大別されるとし、線路幅などはほぼ等しいもののコネクタ部の形状が異なるため相互に接続ができないという問題があった。ワンレールは、双方のコネクタに対応したジョイントレールを作ることで、木製レールとプラレールとを接続できるようにしている。

ワンレールは、FFF(熱溶解積層)方式の3Dプリンタを使い、植物由来のPLA樹脂で作られている。第一弾商品として、木製レールとプラレールをつないで「相互直通運転を可能にする線路」と、「立体交差を可能にする高さのあるアーチ線路」、「十字交差する線路」など、独自デザインによる商品を同社のECサイトで販売する。色は、クリスタルホワイト、クリスタルブルー、クリスタルレッドの3色がある。

また、今後レールの形状や色のリクエストによって新たな商品を増やすとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る