新しいものづくりがわかるメディア

RSS


家庭用インクジェットプリンタでフレキシブル回路を印刷——「回路試作インクキット」

AgIC(エイジック)は、インクジェットプリンタでフレキシブル回路が印刷できる「回路試作インクキット」を発売した。

photo

AgICは東京大学発のベンチャー企業。主に銀ナノインク(導電性銀インク)を用いた電子回路製作技術を開発している。

回路試作インクキットは、家庭用インクジェットプリンタを使ってフレキシブル回路が作成できるのが特徴。特殊なアプリケーションを必要とせず、CADソフトのEAGLEやグラフィックソフトIllustratorで作成した回路図を印刷することができる。推奨プリンタは、EPSON PX-S160T/EW-M660FT/L220/L310の4機種だが、純正インクではないためメーカー保証対象外となる。

photo
photo

部品の表面実装は、ハンダではなく導電性接着剤や導電性テープを使う。印刷用基材はPETフィルムと紙が用意されている。基本的に片面印刷のみ可能だ。両面基板を作成した場合、両面の回路接続にはハトメなどを使うことになる。

キットには、AgICインクが50ml(回路面積30%としA6で約400枚分)、インク注入用注射器/フィルタ、A6回路用紙3枚が含まれる。現在予約受け付け中で予約価格は 2万6000円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  2. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  3. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  4. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  9. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る