新しいものづくりがわかるメディア

RSS


家庭用インクジェットプリンタでフレキシブル回路を印刷——「回路試作インクキット」

AgIC(エイジック)は、インクジェットプリンタでフレキシブル回路が印刷できる「回路試作インクキット」を発売した。

photo

AgICは東京大学発のベンチャー企業。主に銀ナノインク(導電性銀インク)を用いた電子回路製作技術を開発している。

回路試作インクキットは、家庭用インクジェットプリンタを使ってフレキシブル回路が作成できるのが特徴。特殊なアプリケーションを必要とせず、CADソフトのEAGLEやグラフィックソフトIllustratorで作成した回路図を印刷することができる。推奨プリンタは、EPSON PX-S160T/EW-M660FT/L220/L310の4機種だが、純正インクではないためメーカー保証対象外となる。

photo
photo

部品の表面実装は、ハンダではなく導電性接着剤や導電性テープを使う。印刷用基材はPETフィルムと紙が用意されている。基本的に片面印刷のみ可能だ。両面基板を作成した場合、両面の回路接続にはハトメなどを使うことになる。

キットには、AgICインクが50ml(回路面積30%としA6で約400枚分)、インク注入用注射器/フィルタ、A6回路用紙3枚が含まれる。現在予約受け付け中で予約価格は 2万6000円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PythonでI/O制御プログラミング——CQ出版が「エレキジャックIoT No.4」を刊行
  2. 3D造形モデリング時間を大幅に短縮——ストラタシスのフルカラー3DプリンターとKeyShot10が3MF形式で実現
  3. バルミューダ初のスピーカー開発秘話——入社初日で開発最前線に立ったエンジニア
  4. 50年前のオートバイ「スズキGT380」をミニマムデザインでカスタム
  5. Raspberry Piでドローンを飛ばそう——クワッドコプター組み立てキット「Clover」
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. アイアンマン風ジェットスーツ、試験飛行に成功——徒歩25分かかる救助現場へわずか90秒で到着
  8. Autodesk、3Dプリント/3D CAD制作ソフト「Fusion 360」の新規エクステンション4種をリリースへ
  9. 3Dプリンターでフードデコレーション——フードエクストルーダー「Cakewalk 3D」
  10. ロボットやドローンにも搭載可能——ミリ波レーダーセンサー「RadarIQ」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る