新しいものづくりがわかるメディア

RSS


家庭用インクジェットプリンタでフレキシブル回路を印刷——「回路試作インクキット」

AgIC(エイジック)は、インクジェットプリンタでフレキシブル回路が印刷できる「回路試作インクキット」を発売した。

photo

AgICは東京大学発のベンチャー企業。主に銀ナノインク(導電性銀インク)を用いた電子回路製作技術を開発している。

回路試作インクキットは、家庭用インクジェットプリンタを使ってフレキシブル回路が作成できるのが特徴。特殊なアプリケーションを必要とせず、CADソフトのEAGLEやグラフィックソフトIllustratorで作成した回路図を印刷することができる。推奨プリンタは、EPSON PX-S160T/EW-M660FT/L220/L310の4機種だが、純正インクではないためメーカー保証対象外となる。

photo
photo

部品の表面実装は、ハンダではなく導電性接着剤や導電性テープを使う。印刷用基材はPETフィルムと紙が用意されている。基本的に片面印刷のみ可能だ。両面基板を作成した場合、両面の回路接続にはハトメなどを使うことになる。

キットには、AgICインクが50ml(回路面積30%としA6で約400枚分)、インク注入用注射器/フィルタ、A6回路用紙3枚が含まれる。現在予約受け付け中で予約価格は 2万6000円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る