新しいものづくりがわかるメディア

RSS


みんなの力で宇宙観測ロケット「モモ」を飛ばそう——打ち上げ資金をCAMPFIREで調達中

ロケット開発事業を手掛けるインターステラテクノロジズが、宇宙観測ロケット「モモ」を高度100km以上の宇宙空間まで打ち上げるために、CAMPFIREで資金を調達中だ。

インターステラテクノロジズは、ロケットを愛する有志「なつのロケット団」の活動から始まり、ロケット開発事業を手掛ける会社として北海道大樹町で2013年に設立。ロケット開発に取り組んできた。

同社が開発した宇宙観測ロケットモモは、20kgのペイロード(積載物)を高度100kmまで低コストで打ち上げることができる。約4分間の微小重力環境が得られ、ペイロードを洋上で回収することも可能だ。

同社は今回、モモを2016年夏に打ち上げる実験費用調達のため、CAMPFIREにおいてプロジェクトを開始した。目標金額は2700万円で、目標金額の達成未達成に関わらず集まった金額がファンディングされる「All-In方式」となっている。

支援は一口3000円から可能。支援の対価として受け取ることのできるリターンは、報告書やステッカーのほか、打ち上げ動画を見ることのできる限定公開URL、Tシャツ、打ち上げ報告会への招待など支援コースに応じて種々用意している。一口1000万円の支援者には、打ち上げボタンを押す権利が与えられる。

同社では、今後モモに続けて、2019年の人工衛星打ち上げを開発目標に据えているという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る