新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D CADデータだけで金型部品を発注できるオンラインサービス「meviy」

ミスミは、3D CADデータを提出するだけで金型部品の見積もりから発注までを依頼できるオンラインサービス「meviy」の提供を開始した。

一般的に金型部品の見積もりには紙図面が必要だ。だが、meviyでは3D CADデータをドラッグ&ドロップでアップロードし、材質、表面処理、精度を選択するだけで、見積もりを依頼できる。

meviyは、3D形状特徴に基づいて公差を自動的に付与する機能を備えているため、紙図面による公差寸法指示を必要としない。自動で付与した公差寸法は、Webブラウザ上で3D表示して確認できる。公差や数量の変更も可能で、変更個所は即座に見積もりに反映される。

meviyは、見積もり依頼された部品がカタログ標準品か否かを自動で判断する機能も備えている。カタログ標準品でない場合は、特注品として加工性判断した上で価格と納期を回答する。

紙図面が必要な従来の発注方法では、図面作成開始から発注までに約2時間以上かかるとされている。一方、meviyでは1部品当たり約30秒で見積もりを済ませられ、発注完了までの合計時間を約8分に抑えられるという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る