新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D CADデータだけで金型部品を発注できるオンラインサービス「meviy」

ミスミは、3D CADデータを提出するだけで金型部品の見積もりから発注までを依頼できるオンラインサービス「meviy」の提供を開始した。

一般的に金型部品の見積もりには紙図面が必要だ。だが、meviyでは3D CADデータをドラッグ&ドロップでアップロードし、材質、表面処理、精度を選択するだけで、見積もりを依頼できる。

meviyは、3D形状特徴に基づいて公差を自動的に付与する機能を備えているため、紙図面による公差寸法指示を必要としない。自動で付与した公差寸法は、Webブラウザ上で3D表示して確認できる。公差や数量の変更も可能で、変更個所は即座に見積もりに反映される。

meviyは、見積もり依頼された部品がカタログ標準品か否かを自動で判断する機能も備えている。カタログ標準品でない場合は、特注品として加工性判断した上で価格と納期を回答する。

紙図面が必要な従来の発注方法では、図面作成開始から発注までに約2時間以上かかるとされている。一方、meviyでは1部品当たり約30秒で見積もりを済ませられ、発注完了までの合計時間を約8分に抑えられるという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る