新しいものづくりがわかるメディア

RSS


暮らしを自動化するアイデアや技術を競う——第1回「エレキットくらしハックコンテスト」

電子工作キットの企画や開発、製造を手掛けるイーケイジャパンは「くらしの中の自動化」をテーマに掲げ、懸賞金付きの電子工作コンテスト「第1回『くらしハックコンテスト』」を開催する。

くらしハックコンテストでは、日々の暮らしのちょっとしたことを自動化する技術力やアイデア力を競う。同社発売の磁石センサモジュール「PU-2207」、振動センサモジュール「PU-2208」、4チャンネルリレーボード「PU-2708」、2CH小型DCモータードライバー「PU-2709」のいずれかを使用した作品だけが審査の対象となる。

審査基準は「生活の中に手軽に取り入れられるか」(実現性)、「商品の特性を活かし、新しい使い方を提言できているか」(技術力)、「着眼点に優れているか、クスっと笑えるか」(アイデア力)の3点だ。

作品の募集期間は2016年7月15日〜9月30日。結果発表は2016年11月1日の予定だ。大賞受賞者(1名)には5万円とエレキット商品、技術賞受賞者(1名)とアイデア賞受賞者(1名)には2万円とエレキット商品、審査員特別賞受賞者(3名)には3000円とエレキット商品が贈られる。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  6. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  7. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. Raspberry PiやArduinoでGroveセンサが使える——Groveセンサキット「800-RPSET1_2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る