新しいものづくりがわかるメディア

RSS


暮らしを自動化するアイデアや技術を競う——第1回「エレキットくらしハックコンテスト」

電子工作キットの企画や開発、製造を手掛けるイーケイジャパンは「くらしの中の自動化」をテーマに掲げ、懸賞金付きの電子工作コンテスト「第1回『くらしハックコンテスト』」を開催する。

くらしハックコンテストでは、日々の暮らしのちょっとしたことを自動化する技術力やアイデア力を競う。同社発売の磁石センサモジュール「PU-2207」、振動センサモジュール「PU-2208」、4チャンネルリレーボード「PU-2708」、2CH小型DCモータードライバー「PU-2709」のいずれかを使用した作品だけが審査の対象となる。

審査基準は「生活の中に手軽に取り入れられるか」(実現性)、「商品の特性を活かし、新しい使い方を提言できているか」(技術力)、「着眼点に優れているか、クスっと笑えるか」(アイデア力)の3点だ。

作品の募集期間は2016年7月15日〜9月30日。結果発表は2016年11月1日の予定だ。大賞受賞者(1名)には5万円とエレキット商品、技術賞受賞者(1名)とアイデア賞受賞者(1名)には2万円とエレキット商品、審査員特別賞受賞者(3名)には3000円とエレキット商品が贈られる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本人が愛するデザイン——フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展(府中)
  2. スタバでメッセージを書いてもらえない人に贈るマシーン
  3. 自分のスマホで3Dプリント——300ドル以下で買える光造形方式3Dプリンター「T3D」
  4. XYZプリンティング、熱溶融積層方式フルカラー3Dプリンター「ダヴィンチ Color」の予約販売を開始
  5. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  6. ネックを伸縮させてギタープレイ——全長約320mmのポータブルMIDIギター「Jammy」
  7. プロトラブズ、射出形成サービスの追加成形キャパを月1万個に——製品の垂直立ち上げに対応
  8. ゲルマニウムからデジタルまでラジオの歴史をたどる——「作って合点!ラジオのしくみNo.5 DSPラジオキット」発売
  9. 手書きの質感を再現——ロボティクスアームで精細に描画できるプロッター「XPlotter」
  10. 様々なmaker用途に活用できる——デスクトップ水平多関節型ロボットアーム「Z-Arm」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る