新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オムロン、温湿度や光など7種類の環境情報を取得できるセンシングコンポーネント「環境センサー」を発売

オムロンは温度や湿度、光、音など7種類の環境情報を取得でき、BLEビーコン通信に対応したセンシングコンポーネント「環境センサー」 を7月15日から法人向けに販売する。

photo

環境センサーは、温度、湿度、気圧、照度、紫外線、音圧、加速度を計測するためのセンシング機能とBluetooth通信機能、バッテリを搭載した複合型センシングコンポーネントだ。

設置するだけで、周囲の様々な環境情報をリアルタイムに収集でき、ユーザーはクラウドサーバーなどに収集した環境情報をスマートフォンなどで遠隔管理できる。

また、設定した値を超えた時にだけ、イベントとしてユーザーに通知することも可能だ。本体メモリーにデータを格納できるため、通信が確立していない場合でもデータ欠損を防止できる。

本体サイズは46×39×14.6mm、重量は約16g(電池含む)。ボタン型リチウム電池(CR2032)×1個で、約6ヵ月作動する。価格はオープンプライスだ。

photo

また環境センサーの発売に伴い、事業プラットフォームの構築パートナーとしてニフティと連携する。ニフティIoTデザインセンターは、環境センサーに対応した次のような機能をもつ専用アプリを開発した。

  • 温度、湿度、気圧、照度、紫外線、音圧情報のグラフ表示(加速度情報は閲覧不可能)
  • 温度、湿度情報を基に計算された不快指数、熱中症指数の表示
  • 各情報の過去履歴 (グラフ)の閲覧
  • 設定値を超えた際のイベント情報をスマートフォンにプッシュ通知(クラウドサーバーを介し、別のスマートフォンにも通知可能)

今後は両社が有するセンシング技術とクラウドサービスの強みを活かし、顧客企業各社によるIoT活用を通じたソリューションサービスの創出を支援するとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る