新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オムロン、温湿度や光など7種類の環境情報を取得できるセンシングコンポーネント「環境センサー」を発売

オムロンは温度や湿度、光、音など7種類の環境情報を取得でき、BLEビーコン通信に対応したセンシングコンポーネント「環境センサー」 を7月15日から法人向けに販売する。

photo

環境センサーは、温度、湿度、気圧、照度、紫外線、音圧、加速度を計測するためのセンシング機能とBluetooth通信機能、バッテリを搭載した複合型センシングコンポーネントだ。

設置するだけで、周囲の様々な環境情報をリアルタイムに収集でき、ユーザーはクラウドサーバーなどに収集した環境情報をスマートフォンなどで遠隔管理できる。

また、設定した値を超えた時にだけ、イベントとしてユーザーに通知することも可能だ。本体メモリーにデータを格納できるため、通信が確立していない場合でもデータ欠損を防止できる。

本体サイズは46×39×14.6mm、重量は約16g(電池含む)。ボタン型リチウム電池(CR2032)×1個で、約6ヵ月作動する。価格はオープンプライスだ。

photo

また環境センサーの発売に伴い、事業プラットフォームの構築パートナーとしてニフティと連携する。ニフティIoTデザインセンターは、環境センサーに対応した次のような機能をもつ専用アプリを開発した。

  • 温度、湿度、気圧、照度、紫外線、音圧情報のグラフ表示(加速度情報は閲覧不可能)
  • 温度、湿度情報を基に計算された不快指数、熱中症指数の表示
  • 各情報の過去履歴 (グラフ)の閲覧
  • 設定値を超えた際のイベント情報をスマートフォンにプッシュ通知(クラウドサーバーを介し、別のスマートフォンにも通知可能)

今後は両社が有するセンシング技術とクラウドサービスの強みを活かし、顧客企業各社によるIoT活用を通じたソリューションサービスの創出を支援するとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る