新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンタの活用アイデアを発掘——第2回「3D-Business Digging Festival」開催

中野区産業振興推進機構(ICTCO)は、3Dビジネスのアイデアを発掘するコンテスト「3D-Business Digging Festival」第2回を開催する。

同コンテストは、アイデアの段階から起業までを支援する中野区産業振興推進機構の「ICTCO起業支援プログラム」の一環として、3Dプリンタに関連したアイデアの発掘を目指すもの。2015年に第1回を開催している。

今回のテーマは「クイック&ダーティー・プロトタイピング」で、日常生活の困りごとを解決する3Dプリンタの活用アイデアを広く募集する。

審査員

募集対象は、「こんな使い方ができると生活が便利になる」「3Dプリンタを使った人が集まるビジネス」「3Dプリンタを使ったこれまでに無いサービス」といった、3Dプリンタに関連したアイデア。個人用・工業用など3Dプリンタの種類は問わない。3Dプリンタに関わるビジネスのアイデアであれば応募可能だ。なお、応募資格は個人またはグループ。法人は応募できない。

ビジネスアイデアなどを記載した提案書の提出期限は9月9日24時だ。書類選考によって選ばれた10組は9月17日の最終選考会に出席し、10分間プレゼンテーションした後に評価される。

「イクトコ・プラチナ賞」受賞者にはビジネス試作費100万円を、「XYZprinting賞」受賞者には3Dscan付き3Dプリンタを提供。参加者全員に「Mipox TuneD3賞」として3D造形物研磨材「BASIC」を用意している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. サンワサプライ、Windows10 IoT Coreに特化した「Raspberry Piセンサーキット」を発売
  2. 毎秒4万回でさくさくカット——ポータブル超音波カッター「WONDERCUTTER」
  3. 自分でゲームを作ろう——Raspberry Piを使ったゲームコンソール「Pip」
  4. 米Techshop、11月15日に倒産——海外拠点には影響なし
  5. 小型なのに高精細——デスクトップにおけるSLA方式小型3Dプリンター「PLUTO」
  6. その数なんと6000種類! 懐かし&希少な「アクリル」に、Maker時代の価値を見た
  7. アルテック、米Desktop Metalの金属3Dプリンター「Studioシステム」の国内販売開始
  8. 15万円で高精度精密加工が可能——デスクトップ型CNCフライス「Routakit M」
  9. ディスプレイ用ワイヤレス給電システム「X-BASE」シリーズ、ハピネットから一般販売
  10. スチームパンクなファッションウォッチ——ニキシー管腕時計「Moonracer」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る