新しいものづくりがわかるメディア

RSS


RepRap 3Dプリンタの出力状況をネット経由で監視できる「3DプリンターIoTキット」

ミリメーターは、3Dプリンタの出力状況などをインターネット経由で監視できる「3DプリンターIoTキット」を12月に発売する。

3DプリンターIoTキットは、スタンドアローンのRepRap 3Dプリンタをインターネット接続可能にする製品だ。

photo

同社によると、ネットワーク経由で印刷指示を出したり、印刷ジョブをいろいろな視点から把握する機能を備えているので、作業効率化などランニングコスト削減のメリットがあるという。

3DプリンターIoTキットの主な機能は以下の通り:

  • ネットワークからの3Dファイル(gcode)のアップロード、印刷
  • 印刷記録の一覧表示
  • ホットエンド、ヒートベッド温度設定
  • タイムラプス映像の作成
  • 独自のgcodeスクリプトによるフィラメント交換表示
  • スマホ、タブレット端末用WEB-UI切替
  • 印刷コストの計算
  • 液晶付3Dプリンタに印刷の状況をパーセント表示
  • 出力中gcodeのヘッド軌跡リアルタイム描画
  • 現在出力中の高さ表示
  • USBカメラによるリアルタイム中継
  • コミュニケーションツールslackへのメッセージ連携
  • IoTサービスと連携できるMQTTプロトコル連携
photo 3Dプリントの監視画面
photo slackとの連携イメージ

3DプリンターIoTキットの筐体は3Dプリンタで作られており、予定価格は3万円(税別)。RepRap 3Dプリンタのみ対応しているが、今後各種メーカー製3Dプリンタのオプションとして対応機種を増やしたいとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  3. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  4. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  5. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. Raspberry Pi CM3/3Liteに対応——Raspberry Pi用キャリアボード「RPi-CM3MB」シリーズ
  9. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  10. 語学用という名目でラジカセを楽しめた昭和のLL学習マシン 「SONY FM/AM RADIO CASSETTE-CORDER CF-1765」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る