新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ピグマル、長野県上田市にオープンなFabスペース「Fab古民家」を開店

ピグマルは、3Dプリンタやレーザー加工機などのデジタルファブリケーション機器が誰でも使えるFabスペース「Fab古民家」を開店する。9月17日にプレオープンとして無料公開し、10月に正式オープンする予定だ。

Fab古民家は、大正時代に建てられた築90年以上のモルタルづくりの古民家をFabスペースにしたもの。上田駅から徒歩13分、上田菅平インターから車で10分という立地にあり、首都圏などからのアクセスも良いため、東京と地方のものづくりの交流場所としても活用できるように、makerの作品や上田エリアを拠点とする製造業者によるサンプル品などの展示も行う。

同社によれば、長野県内のコワーキングスペースの多くは平日のみの営業でドロップインも受け入れないところもある。Fab古民家は、上田市で唯一週末ドロップインで使えるコワーキングスペースとして利用できる。

9月17日13:00〜17:00をプレオープンとし、店内や機材の見学や体験ができる。正式オープンは10月の予定。利用は土日のみの10:00~18:00だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  2. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  3. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  4. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  5. 造形物にUVプリンターでダイレクト印刷——ミマキエンジニアリング、FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」発売
  6. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  7. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  8. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売
  9. 独フラウンホーファーIWU、スクリュー押出式高速3Dプリンター「SEAM」を発表
  10. 重量わずか10g——鳥のように羽ばたいて飛ぶ小型ドローン「MetaFly」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る