新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ピグマル、長野県上田市にオープンなFabスペース「Fab古民家」を開店

ピグマルは、3Dプリンタやレーザー加工機などのデジタルファブリケーション機器が誰でも使えるFabスペース「Fab古民家」を開店する。9月17日にプレオープンとして無料公開し、10月に正式オープンする予定だ。

Fab古民家は、大正時代に建てられた築90年以上のモルタルづくりの古民家をFabスペースにしたもの。上田駅から徒歩13分、上田菅平インターから車で10分という立地にあり、首都圏などからのアクセスも良いため、東京と地方のものづくりの交流場所としても活用できるように、makerの作品や上田エリアを拠点とする製造業者によるサンプル品などの展示も行う。

同社によれば、長野県内のコワーキングスペースの多くは平日のみの営業でドロップインも受け入れないところもある。Fab古民家は、上田市で唯一週末ドロップインで使えるコワーキングスペースとして利用できる。

9月17日13:00〜17:00をプレオープンとし、店内や機材の見学や体験ができる。正式オープンは10月の予定。利用は土日のみの10:00~18:00だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  3. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  4. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  5. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  6. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  7. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  8. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る