新しいものづくりがわかるメディア

RSS


空間に服が現れる——布のように畳める3Dプリントニット「AMIMONO」

STARtedとFree-Dは、共同で3Dプリントニット「AMIMONO」を開発し、そのプロトタイプを公開した。TPU素材を糸のように編み上げる技術により、服と同じように折り曲げられる伸縮性や、畳める柔軟性を再現している。

AMIMONOは、主に建築などで使用されるコンピューターアルゴリズムを用いたデザイン手法「アルゴリズミックデザイン」を、服のデザインに適用。3DプリンタがTPU素材を糸にして、空間でニット状に編み上げながらプリントする、3Dモデリングと3Dプリントを組み合わせた新工法で作られている。ボタン、ボタンホールなどのパーツも一体化した状態でプリントされるという。

従来の3Dプリントされた衣類は、レーザー焼結した樹脂の部品で構成されており、着ることはできるものの衣類としての実用性は備えていなかった。AMIMONOは、TPU素材を編んだ状態で出力することで、一般的な毛糸で作られたセーターのように伸び縮みし、畳めるレベルの柔軟性が備わった。

なお、AMIMONO で用いるTPU(Thermoplastic Polyurethane)は、熱可塑性ポリウレタン、ウレタンゴム、ウレタン樹脂とも呼ばれ、ゴムのような弾力性と硬質プラスチックの強靭さを併せ持つ高分子化合物だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る