新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino LLCとArduino Srlがひとつに——「Arduino Holding」として販売・開発を一元化

Arduino LLCとArduino Srlが再統合し、2016年末にひとつの会社「Arduino Holding」になる。アメリカ・ニューヨークで開かれたMaker Faireで明らかになった。

現行製品や今後リリースする製品を卸売販売する窓口はArduino Holdingに一元化され、新製品の開発もArduino Holdingが担うことになる。

さらにArduino Holdingとは別に、非営利団体「Arduino Foundation」を設立。オープンソースのArduino IDEのメンテナンスを担い、オープンソースまわりの活動支援を強化していく考えだ。

Maker Faireのステージに登壇したArduino LLC共同創業者のMassimo Banzi氏は「Arduinoの歴史において、最高の日となった。教育、メイカーズ、IoTの分野において、建設的な対話とイノベーションによって築き上げてきたArduinoは、これから新しい道を歩み出すことになる」とコメント。Arduino Foundationを設立し、今後ますますオープンソースまわりの支援を強化していく考えを示した。

一方、Arduino SrlでCEO兼プレジデントを務めるFederico Musto氏は、「ここ数年にわたって問題となっていた点を解決できて非常にうれしく思う。われわれのチームは共に活動し、ベストでオープンなハードウェアとソフトウェアを継続的に送り出していくことになる」と語り、NFCやBLE、音声コントロールなど、IoTをはじめとするイノベーションを加速する技術開発に取り組んでいることを明らかにした。

Arduinoはもともと、2005年にイタリアで誕生したオープンソースのマイコンボード。イタリアのSmart Projects Srl(現・Arduino Srl)がハードウェアの開発と製造を、アメリカのArduino LLCがソフトウェアの開発やコミュニティー運営を担当してきた。

しかし、Smart Projects SrlがイタリアでArduinoの商標を登録し、Arduino LLCはアメリカで商標を登録。2014年に2社間で商標権を巡って係争が起きた。製品開発についても2社が別々に進めることになっていたため、両者の和解・再統合を求める声があがっていた。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る