新しいものづくりがわかるメディア

RSS


BLEビーコンで迷子の猫を探す——迷い猫位置特定IoTサービス「ねこもに」

オープンストリームは、迷子になった猫の位置を特定するためのIoTサービス&アプリ「ねこもに」を2017年春の提供開始に向け開発中だと発表した。

ねこもには、飼い猫の首輪に内蔵された発信器からのBLEビーコンを、専用アプリをインストールしたスマートフォンで受信し、得られた距離情報から猫のいる確率の高い場所へ飼い主を誘導するシステムだ。この「ひとりで探す機能」のほか、「みんなで猫をさがす機能」「迷い猫公開機能」「コミュニケーション機能」「すれちがいコレクション機能」などが用意されている。

みんなで猫を探す機能では、猫の位置情報はクラウド上にアップロードしてユーザーコミュニティで共有できるため、飼い主はより広い範囲から迷い猫情報を取得できる。また、迷い猫公開機能では、近所の迷い猫を一覧表示し、みんなでさがすこともできる。

コミュニケーション機能を使えば、サービス加入者同士のメッセージ交換によって迷い猫情報の共有が可能。すれちがいコレクション機能では、サービス加入者同士の猫情報を共有できる。

なお、発信器を内蔵する首輪は専用のもので、電池寿命は約1年間だ。

同社は、10月4日から開催される「CEATEC JAPAN 2016」主催者特別企画展示「IoTタウン」内の豆蔵ホールディングスブースにて、ねこもにを出展する。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  6. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  7. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. Raspberry PiやArduinoでGroveセンサが使える——Groveセンサキット「800-RPSET1_2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る