新しいものづくりがわかるメディア

RSS


BLEビーコンで迷子の猫を探す——迷い猫位置特定IoTサービス「ねこもに」

オープンストリームは、迷子になった猫の位置を特定するためのIoTサービス&アプリ「ねこもに」を2017年春の提供開始に向け開発中だと発表した。

ねこもには、飼い猫の首輪に内蔵された発信器からのBLEビーコンを、専用アプリをインストールしたスマートフォンで受信し、得られた距離情報から猫のいる確率の高い場所へ飼い主を誘導するシステムだ。この「ひとりで探す機能」のほか、「みんなで猫をさがす機能」「迷い猫公開機能」「コミュニケーション機能」「すれちがいコレクション機能」などが用意されている。

みんなで猫を探す機能では、猫の位置情報はクラウド上にアップロードしてユーザーコミュニティで共有できるため、飼い主はより広い範囲から迷い猫情報を取得できる。また、迷い猫公開機能では、近所の迷い猫を一覧表示し、みんなでさがすこともできる。

コミュニケーション機能を使えば、サービス加入者同士のメッセージ交換によって迷い猫情報の共有が可能。すれちがいコレクション機能では、サービス加入者同士の猫情報を共有できる。

なお、発信器を内蔵する首輪は専用のもので、電池寿命は約1年間だ。

同社は、10月4日から開催される「CEATEC JAPAN 2016」主催者特別企画展示「IoTタウン」内の豆蔵ホールディングスブースにて、ねこもにを出展する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  2. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  3. DMM.make AKIBA名物「FRISKおじさん」とヘッドホン・アンプを作ってきた
  4. Raspberry Piを活用しよう——マイナビ出版、「ここまで作れる!Raspberry Pi 実践サンプル集」発刊
  5. 腕につけるだけで充電不要——キネティック搭載スマートウォッチ「SEQUENT」
  6. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  7. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  8. 自律走行して農作物を監視する——農業向け6輪ローバーロボット「AGRowBot」
  9. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  10. コニカミノルタ、大阪工大との共同開発技術を利用した体臭測定ソリューション「Kunkun body」の先行販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る