新しいものづくりがわかるメディア

RSS


BLEビーコンで迷子の猫を探す——迷い猫位置特定IoTサービス「ねこもに」

オープンストリームは、迷子になった猫の位置を特定するためのIoTサービス&アプリ「ねこもに」を2017年春の提供開始に向け開発中だと発表した。

ねこもには、飼い猫の首輪に内蔵された発信器からのBLEビーコンを、専用アプリをインストールしたスマートフォンで受信し、得られた距離情報から猫のいる確率の高い場所へ飼い主を誘導するシステムだ。この「ひとりで探す機能」のほか、「みんなで猫をさがす機能」「迷い猫公開機能」「コミュニケーション機能」「すれちがいコレクション機能」などが用意されている。

みんなで猫を探す機能では、猫の位置情報はクラウド上にアップロードしてユーザーコミュニティで共有できるため、飼い主はより広い範囲から迷い猫情報を取得できる。また、迷い猫公開機能では、近所の迷い猫を一覧表示し、みんなでさがすこともできる。

コミュニケーション機能を使えば、サービス加入者同士のメッセージ交換によって迷い猫情報の共有が可能。すれちがいコレクション機能では、サービス加入者同士の猫情報を共有できる。

なお、発信器を内蔵する首輪は専用のもので、電池寿命は約1年間だ。

同社は、10月4日から開催される「CEATEC JAPAN 2016」主催者特別企画展示「IoTタウン」内の豆蔵ホールディングスブースにて、ねこもにを出展する。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  2. 限定150台——4万円で買えるFFF方式3Dプリンターキット「Proforge」
  3. すごーい!あたまわるーい!知恵の芽を摘む「頭の悪いメカ発表会2」
  4. ネオピクセルLEDがドライブできる——Arduino互換Wi-Fi対応IoT開発ボード「LEDUNIA」
  5. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画
  6. 造形物のはがれや反りを防止、簡単に取り外せる3Dプリントベッドシート「EZ Stick」
  7. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  8. ORANGE BASICでArduinoシールドを使おう——ORANGE picoマイコン「Orangino」
  9. 第3回 足りないのは人と時間。世界を取り巻くSTEM教育の現状と課題
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る