新しいものづくりがわかるメディア

RSS


4ステップでIoT——Raspberry Piを使ったIoTスタータキット「anyPi」

メカトラックスは、IoT向けスタータキット「anyPi(エニーパイ)」を発売した。Raspberry Piや通信モジュール、専用コンソールモジュールなどを設定済みの状態で提供することで、簡単にIoTを始められるのが特徴だ。

photo

anyPiには、Raspberry Pi 3 Model Bをメインに、同社の通信モジュール「3GPi」、専用のコンソールインターフェースモジュール「PiConsole I/F」、OS(Raspbian Jessie)やデバイスドライバ、3GPi用ユーティリティなどを設定済みの状態でインストールしたmicroSDカード、通信用アンテナ、ACアダプタなどが含まれている。

PiConsole I/Fは、PC等から簡単にコンソールログインするためのインターフェースだ。Raspberry Pi上でコードを書くことなく、PCプログラムからボード上のLEDやタクトスイッチ、ブザーなどが直接GPIO経由で利用可能となる。例えば異常時にLED点滅させてブザーONなど、PCプログラムだけで実装できる。

セットアップに必要な手順は次の4ステップとシンプルだ:

  1. Raspberry Pi 3 Model BにmicroSDカードを挿し、3GPiをスタック
  2. SIMカード、3Gアンテナ、USBケーブルを接続
  3. PiConsole I/Fをスタックし、USBケーブルでPCと接続
  4. 3GPiにACアダプタを接続し、起動

同社によれば、IoT初心者でも組み立てから3G回線を使ったネット接続まで、3分でできるという。

また、企業や大学/研究機関などでネックになりやすい携帯電話回線の契約事務作業についても、通信キャリア/MVNOとの提携により、1年間の通信費用(更新可)をバンドルしたプランも提供するとしている。価格はオープンプライスだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  2. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  3. スキャン精度0.1mm、フレームレート10fpsに向上——ハンディー3Dスキャナー「Revopoint POP 2」
  4. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  5. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  6. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. Dr.片山の100均ロボット研究室 右手っぽく握ったり開いたりするロボットハンド
  9. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  10. AIマシンビジョンにも3Dプリントにも使えるデスクトップ4軸ロボットアーム「HUENIT」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る